富士フイルム、一眼レフ並みの高速AFを可能にした光学15倍ズームのコンパクトデジタルカメラ | RBB TODAY

富士フイルム、一眼レフ並みの高速AFを可能にした光学15倍ズームのコンパクトデジタルカメラ

 富士フイルムは21日、コンパクトデジタルカメラの新製品として「FinePix F300EXR」を発表。9月4日から発売を開始する。価格はオープンで、予想実売価格は45000円前後。カラーはブラック。

IT・デジタル デジカメ
「FinePix F300EXR」
  • 「FinePix F300EXR」
  • 「FinePix F300EXR」
  • 「ぐるっとパノラマ360」
  • 「さらにブレない 新・手ブレ補正」
  • 光学ズームの段階別例(左から1倍、5倍、15倍)
 富士フイルムは21日、コンパクトデジタルカメラの新製品として「FinePix F300EXR」を発表。9月4日から発売を開始する。価格はオープンで、予想実売価格は45,000円前後。カラーはブラック。

 同製品は、有効画素数1,200万画素、広角24mm~望遠360mm(35mm判換算)に対応する光学15倍ズーム搭載のコンパクトデジタルカメラ。本体サイズは幅103.5×高さ59.2×奥行き32.6mm(最薄部22.9mm)、重さは約215g(バッテリ、メモリカード含む)のコンパクトサイズ。2010年7月21日現在、同社調べにおいて光学15倍ズームレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラとしては世界最小としている。

 世界で初めて「位相差画素」をイメージセンサーに組み込んだ「スーパーCCDハニカムEXR」を搭載。これは、一眼レフカメラで採用されている位相差検出方式によるAF(オートフォーカス)をコンパクトデジタルカメラにおいても可能にしたもので、瞬時に被写体との距離を正確に割り出し、フォーカスを合わせることができるという。これにより、最速0.158秒での「瞬速フォーカス」を可能とした。

 新たに開発したフジノン「ツインシフトレンズ」の採用により、高い解像力を保持したままでもレンズの小型化や使用枚数を抑えることに成功。加えて手ブレ補正システムを強化し、光学15倍の超望遠撮影時や動画撮影時においても、手ブレを気にすることなく撮影を楽しむことができるという。

 視野角120度、240度、360度の3タイプから選択可能なパノラマ撮影機能「ぐるっとパノラマ360」を装備。そのほか、「ペット自動検出」機能や「連写重ね撮り」、背景のぼかしを強調した画像を作成する「ぼかしコントロール」機能などを備えた。

 おもな仕様は、F値がF3.5~F5.3、デジタルズームは約4.4倍、内蔵メモリは約40MB、外部対応メディアはSD/SDHCカード。動画は最大ハイビジョン(1,280×720ピクセル、24コマ/秒)まで撮影可能(保存形式はAVI)。静止画保存形式はJPEG、音声はWAVE。液晶ディスプレイは3型で、インターフェースはHDMIマイクロ/USB2.0/AV。
《小口》

関連ニュース

特集

page top