ドコモ、5インチタッチスクリーン搭載のスマートフォン「LYNX SH-10B」を発売 | RBB TODAY

ドコモ、5インチタッチスクリーン搭載のスマートフォン「LYNX SH-10B」を発売

 NTTドコモは20日、5インチ(960×480)のタッチスクリーンを搭載したスマートフォン「LYNX SH-10B」を23日に発売すると発表した。

IT・デジタル スマートフォン
「LYNX SH-10B」Red
  • 「LYNX SH-10B」Red
  • 「LYNX SH-10B」Red
  • 「LYNX SH-10B」Red
  • 「LYNX SH-10B」Red
  • 「LYNX SH-10B」White
 NTTドコモは20日、5インチ(960×480)のタッチスクリーンを搭載したスマートフォン「LYNX SH-10B」を23日に発売すると発表した。OSはAndroid 1.6。

 「SH-10B」は、入力デバイスとして、パンタグラフキーボード、トラックボール、タッチパネルを搭載。「mixiウィジェット」や「Twitterウィジェット」「ブログ投稿ウィジェット」など20種類のウィジェットを備えた。さらに「SH Widget」にて各種ウィジェットをダウンロードすることができる。

 また「ブルーレイディスクレコーダー連携機能」を搭載し、対応のブルーレイディスクレコーダーに録画した映像を端末に転送して視聴できる。転送できる映像は最大640×360ドット、30fpsとなる。

 サイズは高さ83mm×幅148mm×厚さ17.8mmで、重さ230g。3G連続待受時間が約410時間、連続通話時間は約270分となる。カメラ機能は有効画素数約530万画素で、顔検出オートフォーカス対応。カラーは「Red」「White」の2色展開。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top