バッファローコクヨ、単一レシーバーで共有可能なワイヤレスキーボード&マウス | RBB TODAY

バッファローコクヨ、単一レシーバーで共有可能なワイヤレスキーボード&マウス

 バッファローコクヨサプライは20日、1つのレシーバーで操作できるワイヤレスのマウスとキーボードがセットになった「BSKBW06」シリーズを発表。7月下旬から発売する。価格は9765円。カラーはホワイト/ブラックの2色を用意。

IT・デジタル 周辺機器
「BSKBW06WH」(ホワイト)
  • 「BSKBW06WH」(ホワイト)
  • 「BSKBW06BK」(ブラック)
  • レシーバーの詳細
  • キーボードの詳細
  • マウスのボタン
  • DPI切換え対応スイッチ
 バッファローコクヨサプライは20日、1つのレシーバーで操作できるワイヤレスのキーボードマウスがセットになった「BSKBW06」シリーズを発表。7月下旬から発売する。価格は9,765円。カラーはホワイト/ブラックの2色を用意。

 同製品は2.4GHzの無線を使い最大10mの範囲で利用できるワイヤレスのキーボードとマウスのセット。ドライバーのインストールが不要で簡単に接続可能。対応OSはWindows 7(32/64ビット版)/Vista(32/64ビット版)/XP/2000で、PlayStation3やWiiなどゲーム機でも利用できる。

 1つのUSBレシーバーでマウスとキーボードの操作を行なうことが可能。レシーバーのサイズは幅15×高さ5×奥行き18mmのコンパクトなボディ(重さは約2g)となっている。

 キーボードは、キーピッチが19mm、キーストロークが2.7mmの102キーでパンタグラフ式。テンキーは装備しない。本体サイズは幅349×高さ23.5×奥行き138mm、重さは約290g。

 マウスは、レーザー式で、webブラウザ専用の「戻る」/「進む」ボタンを本体サイドに搭載。本体裏面の電源ON/OFFスイッチはdpiの切換えにも対応し、1,600dpi/800dpiから選択できる。本体サイズは幅55×高さ39×奥行き93mm、重さは約65g。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top