ユーザーの映像で長編ドキュメンタリー映画を制作!YouTubeがプロジェクトを発表 | RBB TODAY

ユーザーの映像で長編ドキュメンタリー映画を制作!YouTubeがプロジェクトを発表

ブロードバンド その他

プロジェクトサイト
  • プロジェクトサイト
  • リドリー・スコット氏
 YouTubeは7日、世界中のYouTubeユーザーが撮影した7月24日の「ある一日」を収めたビデオ映像を用い、長編ドキュメンタリー映画を制作するプロジェクト「ライフ イン ア デイ(Life in a Day)」を発表した。

 監督は、「消されたヘッドライン」「ラストキング・オブ・スコットランド」「運命を分けたザイル」などの作品を手掛けたケヴィン マクドナルド氏。また、エグゼクティブ プロデューサーには、「ロビン・フッド」、「グラディエーター」、「ブラックホーク・ダウン」などの作品で有名なリドリー・スコット氏を迎え、同氏が運営するScott Free Productionsが制作にあたる。映像が採用された投稿者は共同監督としてクレジット表記され、さらにそのうちの20名は2011年のサンダンス映画祭で予定されている世界プレミア上映に招待される。

 ケヴィン マクドナルド氏は「2010年7月24日、我々がどんな生活を送っていたのか。『ライフ イン ア デイ』はそれを将来の世代に伝えるタイムカプセルです。本プロジェクトは、社会的な映画制作におけるユニークな実験であり、YouTubeという世界的なユーザーコミュニティを通じて膨大な記録映像を集めるというのは素晴らしいアイディアだと思っています」とコメントしている。

 同プロジェクトへの参加条件下記は、以下の通り。
・対象年齢:13歳以上(未成年の方は、保護者の方の同意が必要)
ビデオ投稿に関する規定: YouTubeの規約上、アップロードできる最大の長さが10分。アップロードするビデオ本数に制限はない。
投稿方法:YouTubeアカウントでログイン後、プロジェクトサイトから、24日~31日までにアップロード。アップロードする際には、撮影された国と言語をタイトルカードに入れること。

《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top