USEN、IT派遣大手の子会社インテリジェンスを325億円で売却へ | RBB TODAY

USEN、IT派遣大手の子会社インテリジェンスを325億円で売却へ

 USENは18日、連結子会社であるインテリジェンスの全株式をメティスに売却することを決定した。株式譲渡価額は325億円。譲渡期日は7月下旬となっている。

エンタープライズ 企業
 USENは18日、連結子会社であるインテリジェンスの全株式をメティスに売却することを決定した。株式譲渡価額は325億円。譲渡期日は7月下旬となっている。

 USENは2006年9月に、ITソリューション事業を中心とする派遣アウトソーシング事業を営むインテリジェンスを連結子会社化し、2008年9月には株式交換により完全子会社化した。一方でUSENは現在、有線放送事業に経営資源を集中し、業績および財務基盤の立て直しを図っていた。

 メティスは、米国大手プライベートエクイティ投資会社であるKohlberg Kravis Roberts & Co. L.P.の関連者である投資ファンドが実質的に全株式を保有する株式会社。これによりインテリジェンスは、USENの連結子会社から除外される。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top