ASUS、A4ノートのスペックアップモデル――Core i3搭載で7万円台から | RBB TODAY

ASUS、A4ノートのスペックアップモデル――Core i3搭載で7万円台から

IT・デジタル ノートPC

A4ノート「K52F」
  • A4ノート「K52F」
  • A4ノート「K52F」
  • A4ノート「K52F」
  • A4ノート「K52F」
  • A4ノート「K52F」
 ASUSTeK Computerは18日、15.6型ワイド(1,366×768ピクセル)液晶搭載のノートPC「K52F」のスペックアップモデルを発表。23日から順次発売を開始する。

 「K52F」はスタンダードタイプのA4ノート。今回、従来モデルに比較してCPUを強化し、4ラインアップをそろえた。詳細は、Core i3-350M(2.26GHz)/2GBメモリ搭載の「K52F-SX013V」(予想実売価格は72,800円)、同モデルにOffice Personal 2010を搭載した「K52F-SX013VS」(予想実売価格は92,800円)、Core i5-450M(2.4GHz)/4GBメモリ搭載の「K52F-SX015V」(予想実売価格は84,800円)、同モデルにOffice Personal 2010を搭載した「K52F-SX015VS」(予想実売価格は104,800円)。カラーはブラウンのみ。

 入力中の不意なカーソル移動を防ぐ「パームプルーフ・テクノロジー」などを装備。またキーボードはテンキー付きのフルサイズとし、快適な操作性に配慮したという。同社ではプライベートからビジネスまでの用途を想定する。

 おもな共通仕様は、OSがWindows 7 Home Premium 64ビット版、HDDが320GB、光学ドライブがDVDスーパーマルチ、無線LANがIEEE802.11b/g/n、有線LANが1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T。インターフェースはメモリカードスロット/USB2.0×3/ミニD-sub15ピン/HDMI/ヘッドホン/マイクなど。そのほか30万画素webカメラを装備した。バッテリ駆動時間はCore i5モデルが約4.5時間、Core i3モデルが約5.2時間。本体サイズは幅380×高さ34.5~35.7×奥行き255mm、重さは約2.6kg。
《小口》

関連ニュース

特集

page top