日立、アドバンストサーバ「HA8000シリーズ」に小規模システム向けモデル「HA8000/SS10」を追加 | RBB TODAY

日立、アドバンストサーバ「HA8000シリーズ」に小規模システム向けモデル「HA8000/SS10」を追加

エンタープライズ ハードウェア

HA8000/SS10
  • HA8000/SS10
  • 「HA8000/SS10」の価格と出荷開始時期
  • そのほかモデルの価格と出荷開始時期
日立は10日、PCサーバ「HA8000シリーズ」に、オフィスや店舗のデスク上への設置が可能な小規模システム向け新モデルのスリムサーバ「HA8000/SS10」を追加した。11日から販売を開始する。

 「HA8000/SS10」は、現行ラインアップの最小モデル「HA8000/TS10」と比べ、筐体体積を約57%、設置面積を約54%削減し、オフィスや店舗のデスク上への設置が可能。また、データへの高速アクセスが可能な2.5型SASハードディスクドライブを最大3台や、DATドライブなどのバックアップ装置を搭載でき、高信頼なシステム運用やデータ保管ができる。そのため、高い信頼性の求められる顧客情報や業務データを扱うシステムでも、安心して利用することが可能だ。電源効率が82%以上の80 PLUS BRONZE認証を取得した高効率電源を採用しており、待機状態のサーバ消費電力を抑えコンピュータの省電力規格ENERGY STARに適合した「ENERGY STARモデル」を提供するなど、消費電力を低減したシステム構築を実現する。

あわせて、「HA8000シリーズ」全9機種にて保守員によるログ確認や簡易清掃などの定期点検、ならびに障害発生時における迅速な対応といったサービスを製品とセットで提供する「おまかせ安心モデル」に、サービス期間を現行の3年間から延長した4年/5年保証モデルを新たに追加し、ラインアップを拡充する。長期にわたるシステムの安定稼働を実現し、障害発生に伴う機会損失を最小化することで、TCO(Total Cost of Ownership)を削減するという。さらに、「HA8000シリーズ」で「Windows Storage Server」を搭載しているファイルサーバ専用モデル「HA8000ストレージサーバ」を強化する。2010年4月に販売を開始した最新プロセッサー搭載の3モデル「HA8000/RS220」「HA8000/RS110」「HA8000/TS10」に、最新OS「Windows Storage Server 2008」を搭載し性能を向上したほか、クライアントがファイルサーバを使用するためのクライアントアクセスライセンス(CAL)が不要であるため、ファイルサーバの初期導入にかかる費用を低減できる。

 「HA8000/SS10」は128,100円~。「おまかせ安心モデル」は、3年で222,600円~、4年で275,100円~、5年で327,600円~。また、「HA8000ストレージサーバ」は「HA8000/RS220 Storage Server モデル」が573,300円~、「HA8000/RS110 Storage Server モデル」が324,450円~、「HA8000/TS10 Storage Server モデル」が300,300円~となっており(すべて税込)、6月30日から出荷開始される。
《池本淳》

関連ニュース

特集

page top