NTT、「みんなの花図鑑」β版を開始 ~ 携帯電話撮影で花の名前が分かるサービスも | RBB TODAY

NTT、「みんなの花図鑑」β版を開始 ~ 携帯電話撮影で花の名前が分かるサービスも

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「みんなの花図鑑」サイト(画像)
  • 「みんなの花図鑑」サイト(画像)
  • 花図鑑ページ
 日本電信電話(NTT)、NTTラーニングシステムズ、NTTレゾナントの3社は12日、日比谷花壇と協力し、花の写真・映像を集めたデジタルアーカイブ「みんなの花図鑑」(β版)の提供を開始した。

 「みんなの花図鑑」は、「花図鑑(はなずかん)」「花暦(はなごよみ)」「花標(はなしるべ)」「花サーチ」で構成された、花に関するデジタルアーカイブサービス。「花図鑑」では、花の名称、科名、属名、学名、分布、花期などが閲覧可能。日比谷花壇が提供した育て方などのコンテンツを含め、サービス開始時点で約500種の花の図鑑が用意されている。「花暦」は愛好家や植物園学芸員など、花の写真の投稿を受け付け、どの季節にどんな花が咲いているのかをタイムライン(時系列)で閲覧できるサービス。「花標」は全国各地の植物園情報を一覧で探すことができるサービス。「花サーチ」(携帯電話のみ)は野山や町中を散策中に見つけた花の名前がわからないときに、携帯電話で撮影した花の写真から、花の名前やその他の情報が入手できるサービス。画像認識技術において、自然物、特に花や草木は難しいといわれているが、今回試行的にサービスとして提供するとのこと。iアプリ版も提供されている(FOMA906i以降、DoJa5.1以降、メガiアプリ対応)。

 β版の提供はNTTが行い、パートナー企業との協業の推進等、サービスの充実に向け取り組んでいくとしている。NTTレゾナントは「花サーチ」における携帯電話向け画像検索エンジンのASP提供を行ったとのこと。β版の提供は、2010年9月30日までの予定。コンテンツを充実させるとともに、デジタルフォトフレームへの配信サービスや、フォトブック化、また、ガーデニングのeラーニング化など、新たなサービス、ビジネスモデルの創出も含めたトライアルも実施する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top