Googleマップから北朝鮮が消滅? ネットで話題に | RBB TODAY

Googleマップから北朝鮮が消滅? ネットで話題に

 Googleマップの表示から、北朝鮮の地図が一切なくなっていると、ネットで話題となっている。

ブロードバンド ウェブ
真っ白な状態の北朝鮮地図
  • 真っ白な状態の北朝鮮地図
  • Bing地図での北朝鮮
  • 北朝鮮のとある地域。軍用機らしきものも見える
  • 地図に切り替えるとなんの情報もない
  • じつはグルジアも、ほとんど地図情報が表示されない地域だ
 「Googleマップ」の表示から、北朝鮮の地図が一切なくなっていると、ネットで話題となっている。

 現在、実際にGoogleマップで北朝鮮を表示させると、そこだけ白く抜け落ちてしまったように見える状態となっている。公式な声明がないため、時期は定かではないが、海外でも3月末ぐらいから、このような状態となっていた模様だ。航空写真、ユーザによる付記ランドマークなどは残されており、ちゃんと表示される。また「Bing地図」など、他社の地図サービスでは、北朝鮮の地図はとくに問題なく表示されているようだ。

 グーグルについてはここ最近、中国からの撤退が注目を集めていたが、“政治とネット”、あるいは“企業と国家”との衝突を巡る動向の1つとして、今後のなりゆきが注目される。

 なお北朝鮮だけでなく、グルジアや中国の一部地域なども、じつはGoogleマップで地図が表示されない状態だ。両モードを切り替えて使う機会は少ないと思われるが、「地図」と「写真」を切り替えて各国を表示させると、意外な発見があるかもしれない。

※4月12日19時45分付記
Googleマップチームは公式ブログを更新し、今回の件について言及した。投稿された最新記事によると「Google マップには、様々な国の地図情報が掲載されていますが、中には十分な地図情報が入手できないため、ほとんど情報を掲載していない国がいくつかあります。今回、話題になっている朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)もその例で、Google マップは地図情報の提供を開始して以来、残念ながら、一度も地図情報を掲載したことはありません」としている。加えて「Google では、利用者の皆さんに、ベストな地理情報を提供したいと考えているため、より良い情報が入手可能だと思われる場合、掲載を見合わせることもあります」とのこと、「地図情報が入手できない地域においては、Google マップメーカーという、世界中の一般の利用者の方がデータを追加できるGoogle マップのツールを用いて、地図を作る試みもしています」との点が説明されている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top