レノボ、新型デュアルCeleronが選択可能なA4ノート「ThinkPad Edge」の新機種 | RBB TODAY

レノボ、新型デュアルCeleronが選択可能なA4ノート「ThinkPad Edge」の新機種

IT・デジタル ノートPC

ThinkPad Edge 14
  • ThinkPad Edge 14
  • ThinkPad Edge 14
  • ThinkPad Edge 14
  • ThinkPad Edge 15
  • ThinkPad Edge 15
  • ThinkPad Edge 15
 レノボ・ジャパンは6日、おもに中・小規模向けのビジネスノートの新製品として14V型の「ThinkPad Edge 14"」、15.6V型の「ThinkPad Edge 15"」を発表。同日から発売を開始した。価格はオープン。

 ThinkPad Edgeシリーズは今年1月に13.3V型の「ThinkPad Edge 13"」が発売済みだが、13.3V型はAMD製CPUを搭載したもの。今回の2機種はインテル製CPUを搭載し、液晶サイズを大きくした。ThinkPad Edge 15"はグロッシー・ブラック/グロッシー・レッドの2色のカラーバリエーションで、ThinkPad Edge 14"はグロッシー・ブラックのみ。

 14V型は69,930円~。OS、CPU、HDD、Bluetoothの有無などで5ラインアップを用意した。OSはWindows 7 Home Premium(64ビット版)/Windows 7 Professional(32ビット版)、CPUはCore i3-330M(2.13GHz)/Celeron P4500(1.86GHz)、HDDは250GB/320GBをそろえた。

 Celeron P4500は32nmプロセスを用いたデュアルコアCPUで、HDグラフィックス/メモリーコントローラーを内蔵。ただしハイパースレッディングテクノロジー/ターボブースト・テクノロジーには非対応の低価格仕様となる。またモデルにより、専用グラフィックスのRadeon Mobility HD 5145(専用メモリ512MB)も搭載する。

 そのほかのおもな仕様はメモリが2GB(最大4GB)、光学ドライブがDVDスーパーマルチ、液晶解像度が1,366×768ピクセルのハイビジョン。インターフェースがHDMI/ USB2.0×4(うち1つはeSATA共用)/ミニD-sub15ピン/マイク/ヘッドホン/7-in-1メディアカードスロットなど。有線LANは1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T、無線LANはIEEE802.11b/g/n。30万画素/200万画素のwebカメラを標準搭載する(選択したモデルにより異なる)。本体サイズは幅344×高さ31.8~37×奥行き233mm、重さは約2.25~2.34kg(モデルにより異なる)。

 15.6V型は69,930円~。CPUがCore i5-520M(2.4GHz)/Core i3-330M(2.13GHz)/Celeron P4500(1.86GHz)から選択可能。OSにはWindows 7 Home Premium(64ビット版)/Windows 7 Professional(32ビット版)を、HDDには250GB/320GBをそろえている。またモデルにより、専用グラフィックスのRadeon Mobility HD 5145(専用メモリ512MB)も搭載する。

 おもな仕様はメモリが2GB(最大4GB)、光学ドライブがDVDスーパーマルチ、液晶解像度が1,366×768ピクセルのハイビジョン。インターフェースがHDMI/ USB2.0×4(うち1つはeSATA共用)/ミニD-sub15ピン/マイク/ヘッドホン/7-in-1メディアカードスロットなど。有線LANは1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T、無線LANはIEEE802.11b/g/n。30万画素/200万画素のwebカメラを標準搭載する(選択したモデルにより異なる)。本体サイズは幅380×高さ32.3~37.5×奥行き247mm、重さは約2.14~2.54kg(モデルにより異なる)。

※メーカー側の初期段階発表からの変更により、14V型/15.6V型ともに直販のみの展開となります。読者の皆さまにお詫びを申し上げるとともに、ここに訂正させていただきます。
《小口》

関連ニュース

特集

page top