富士通と日本オラクル、「SPARC Enterprise - Oracle Databaseソリューション開発センター」を設立 | RBB TODAY

富士通と日本オラクル、「SPARC Enterprise - Oracle Databaseソリューション開発センター」を設立

エンタープライズ その他
富士通のPlatform Solution Center(紹介動画より抜粋)
  • 富士通のPlatform Solution Center(紹介動画より抜粋)
  • 富士通のPlatform Solution Center(紹介動画より抜粋)
 富士通と日本オラクルは3日、クラウド・コンピューティングなどの次世代型ITインフラに対応したソリューションを検証・開発する「SPARC Enterprise - Oracle Databaseソリューション開発センター」を設立したことを発表した。

 「SPARC Enterprise - Oracle Databaseソリューション開発センター」は、富士通のプラットフォーム製品の総合検証センター「Platform Solution Center」と、日本オラクルのパートナーソリューションの共同検証センター「Oracle GRID Center」に設置されている「SPARC Enterprise」「Oracle Exadata」「Oracle Database 11g」を活用し、次世代型ITインフラのソリューションや移行のための標準技術の開発、性能検証、お客様システムのベンチマークテストを実施するものとなる。

 一昨年より富士通と日本オラクルは、「SPARC Enterprise」および「Oracle Database 11g」などの最新テクノロジーを組み合わせたソリューション開発、共同検証を実施してきた。米オラクル・コーポレーションは、2010年1月にサン・マイクロシステムズの買収を完了しており、今後両社は、本センターで次世代型ITインフラにおける「SPARC Enterprise」および「Oracle Database 11g Release 2」の性能検証、移行検証を行い、普及を推進するとのこと。第一弾として、2010年度にフラッシュ・テクノロジーを利用したデータベース超高速化ソリューションの検証を実施する予定。

 また同センターでは「Solaris」および他社UNIXプラットフォームから「SPARC Enterprise」および「Oracle Database 11g」を活用した次世代型ITインフラへの移行検証を実施し、顧客がプラットフォームやデータベース更改時に直面する課題を解決する移行標準技術を開発していく。さらに同センターを基盤とし、既存の「Solaris」プラットフォームに加え、IBMのAIX、HPのHP-UXなど他のUNIXプラットフォームや、IBMのDB2など他社データベースソフトから「SPARC Enterprise」「Oracle Database 11g」を使用したシステムへの移行を推進する「Solaris移行サービス」の提供を開始する。
《冨岡晶》

特集

page top