キヤノン、約1,800万画素CMOSセンサー搭載のデジタル一眼「EOS Kiss X4」 | RBB TODAY

キヤノン、約1,800万画素CMOSセンサー搭載のデジタル一眼「EOS Kiss X4」

IT・デジタル デジカメ

ボディ本体
  • ボディ本体
  • 「EF-S18-55 IS レンズキット」
  • 「EF-S18-135 IS レンズキット」
  • 「ダブルズームキット」
 キヤノンは9日、デジタル一眼レフカメラの新製品として「EOS Kiss X4」を発表。2月26日から発売する。予想実売価格は、ボディ本体が90,000円前後、「EF-S18-55 IS レンズキット」が100,000円前後、「EF-S18-135 IS レンズキット」、「ダブルズームキット」が130,000円前後。

 同製品は、撮像素子に約1,800万画素CMOSセンサーを搭載。加えて、高性能映像エンジンの「DIGIC 4」の採用により、常用設定可能なISO感度を100〜6400まで拡大し、拡張設定にはISO12800を用意。これにより、明るいシーンから暗いシーンまで幅広い場所での撮影に対応し、暗所でも手ブレや被写体ブレを抑制した撮影が可能だという。

 前モデルから採用されたフルHD動画撮影(30コマ/秒)機能を引き続き搭載。「自動露出」設定での撮影に加えて、ISO感度を任意に設定して撮影可能な「マニュアル露出」を用いての動画撮影にも対応した。また、センサー中央部に「動画クロップ」機能を搭載し、通常撮影時の約7倍の望遠撮影を可能とする(この場合、記録サイズは640×480ピクセルのSD画質となる)。

 液晶ディスプレイは3型ワイドを搭載し、「ライブビュー撮影」機能を装備。これにより、ディスプレイを視認しながらの撮影が可能となる。液晶視野率は約100%。また、ライブビュー表示のままAFが行なえる「ライブモード(コントラストAF)」、顔検出機能の「顔優先ライブモード」、ライブビュー表示を一瞬中断することで素早いピント合わせが可能な「クイックモード(位相差AF)」といった3種類のAFモードを装備した。

 設定画面は、シャッター速度や絞り数値、記録画質など、主な機能の項目を集約してディスプレイに表示。設定は「クイック設定画面」で容易に変更が行なえる。保存ファイル形式は静止画がJPEG/RAW/RAW+JPEG同時記録、映像圧縮方式はMPEG4 AVC/H.264、音声記録方式はリニアPCM。外部対応メディアはSD/SDHC/SDXCカードで、Eye-Fiカードにも対応する。インターフェースはアナログ映像/USB/HDMI(type C)/3.5ミリステレオミニなど。本体サイズは幅128.8×高さ97.5×奥行き75.3mm、重さは約475g。
《小口》

関連ニュース

特集

page top