パナソニック、ハリウッド研究所にてBlu-ray 3Dのオーサリングサービスを開始 | RBB TODAY

パナソニック、ハリウッド研究所にてBlu-ray 3Dのオーサリングサービスを開始

IT・デジタル その他

CES 2010で披露された3D関連機器
  • CES 2010で披露された3D関連機器
  • CES 2010で披露された3Dテレビ
  • CES 2010で披露された3Dメガネ
 パナソニックは現地時間1日、同社の映像研究開発拠点である「パナソニック ハリウッド研究所」内の「アドバンスドオーサリングセンター」にて、Blu-ray 3Dのオーサリングサービスを開始したと発表した。

 これにより、今春から映画会社のBlu-ray 3Dディスクタイトルのリリースが可能になるという。ハリウッド研究所はBlu-ray 3Dの規格策定時から、映画会社や映画製作関係者と連携して開発・提案を行なってきた経緯がある。

 アドバンスドオーサリングセンター長のジェニーン・パットン氏は「2DのBlu-rayオーサリングで高い評価を受けてきた。3D画像圧縮技術(MPEG-4 MVC: Multiview Video Coding)でも業界をリードすることを確信する」と自信をのぞかせた。同社は既にCES 2010で、3Dテレビなどを発表済みだ。
《小口》

関連ニュース

特集

page top