シャープ、総合出力160Wのシアターラックシステム | RBB TODAY

シャープ、総合出力160Wのシアターラックシステム

IT・デジタル その他

「AQUOSオーディオ」(型番:AN-AR310)
  • 「AQUOSオーディオ」(型番:AN-AR310)
  • 「AQUOSオーディオ」(型番:AN-AR310)
  • 拡大したリスニングエリア
  • 連動機能のAQUOSファミリンクII
 シャープは28日、シアターラックシステム「AQUOSオーディオ」(型番:AN-AR310)を発表。2月20日から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は65,000円前後。

 同製品は、総合出力160Wのデジタルアンプ/スピーカーシステム、重低音に効果を発揮するサブウーファーを搭載。同社の液晶テレビ「AQUOS」の32V型〜40V型やBlu-rayレコーダー「AQUOSブルーレイ」にマッチする省スペースのデザインを採用した。連動機能のAQUOSファミリンクIIにも対応する。

 フロントパネルには、携帯電話やポータブルプレーヤーの音楽を高音質で楽しむことができる「モバイルオーディオ端子」を内蔵。小音量時に、聞き取りにくい高/低音域の音質を自動補正し、音声を聞き取りやすくする「くっきりサウンド」を搭載した。

 フロントスピーカーの実用最大出力は30W×2、サブウーファーは100W。音声入力端子はHDMI×2/モバイルオーディオ入力/角型光入力×2/アナログ外部入力など。音声出力端子はHDMI(映像出力兼用)。本体サイズは幅796×高さ471×奥行き414mm、重さは約29kg。耐荷重は約60kgとなる。リモコン/HDMIケーブル(約2m)/ 光デジタル音声ケーブル(約1.5m)などが付属。
《小口》

関連ニュース

特集

page top