NTTデータ、「BizCloud」によるクラウド構築・運用サービスの一部を先行提供 | RBB TODAY

NTTデータ、「BizCloud」によるクラウド構築・運用サービスの一部を先行提供

エンタープライズ その他

BizCloudのサービス領域と個別サービスメニュー
  • BizCloudのサービス領域と個別サービスメニュー
 NTTデータは22日、クラウドサービス「BizCloud」(2010年4月からの提供開始)において、プライベートクラウド、コミュニティクラウドを構築する「クラウド構築・運用サービス」の一部を2月より先行提供することを発表した。

 「BizCloud」は、インフラからアプリケーションまで、さまざまなクラウドソリューションを総合的に提供するトータルクラウドサービス。NTTデータでは、クラウドサービスの提供基盤となる「クラウドプラットフォームサービス」を2010年4月より開始、続いて顧客企業に向けてプライベートクラウド、コミュニティクラウドを構築する「クラウド構築・運用サービス」を展開する予定としている。クラウド構築・運用サービスでは、顧客の個別要件に合わせた専用の設備で共通基盤を用意するプライベートクラウド、共同利用型のコミュニティクラウドを提供する。クラウドプラットフォームサービスでは、幅広い業種の顧客が共同で利用するパブリッククラウドを提供。フロントオフィス/バックオフィス系アプリケーションの提供(SaaS) 、OSやミドルウェアを含むスタックの提供(PaaS)、サーバマシンリソースの提供(IaaS)のサービスから構成される。

 今回、この「クラウド構築・運用サービス」のサービスメニューのうち、「最適化コンサルサービス」「マイグレーションサービス」について、2010年2月より先行して提供を開始するとのこと。クラウド構築・運用サービスは、「最適化コンサル」「マイグレーション」「クラウド構築」「運用管理」の4つのサービスがあり、各サービスは独立した形で提供される。このうち、「最適化コンサル」「マイグレーション」について2月より提供、「クラウド構築」「運用管理」を4月より提供する。

 「最適化コンサルサービス」は、IT基盤のクラウド適用の検討のみでなく、経営・事業の戦略や方針の実現に向けて、「経営戦略」「業務オペレーション」「IT(情報システム、ITマネジメント)」の3つの視点を組み合わせて業務のあるべき姿を描き、変革を行うためのロードマップを策定する。「マイグレーションサービス」は、コンサルティングから移植後の動作試験まで全工程を通じた安心・安全なマイグレーション(現行システム資産の移植)サービスを提供する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top