ウィルコム、スマートフォンと健康機器を接続するためのSDKを提供開始 | RBB TODAY

ウィルコム、スマートフォンと健康機器を接続するためのSDKを提供開始

エンタープライズ モバイルBIZ

 ウィルコムとプラクテックスは13日、オーバーレイ/P2Pネットワークを推進するコンソーシアム「PUCC」会員の慶應義塾大学および国際医学情報センターが共同開発した、汎用的なソフトウェア開発キット(SDK)の提供を開始した。

 今回公開されたSDKによって、体重計や血圧計などさまざまな健康管理機器で得られる情報が、ウィルコムのスマートフォンを介して、一括管理・活用できるとのこと。USBやBluetooth対応体重計/血圧計などさまざまな健康管理機器とウィルコムのスマートフォンを接続し、健康管理に関する情報をスマートフォン経由でデータベースに一括管理するといったことが可能となる。同社ではこれにより、ヘルスケアに関するモバイル通信を活用した新しいサービスの普及が期待できるとしている。なおSDKにはA&Dメディカル製およびオムロンヘルスケア製の機器を利用可能とするためのデバイスドライバも含まれており、これらドライバを単体で利用することも可能。

 なお本SDKは、経済産業省が進める「情報大航海プロジェクト」の実証事業のなかで開発された。このSDKは、同プロジェクトに機器提供を行った、エー・アンド・デイ、オムロンヘルスケア、スズケン、タニタ、東芝ホームアプライアンス、パラマ・テックの各社健康機器との接続動作実績があるとのこと。

 SDKを利用したい場合、プラクテックスの問合せ窓口(info@practechs.com)へ連絡する必要がある。使用許諾契約文に同意し、必要な手続きを行った後、SDKがCD-Rにて郵送される。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top