Wi2、東工大とキャンパス内無線LANの接続実験を開始 | RBB TODAY

Wi2、東工大とキャンパス内無線LANの接続実験を開始

エンタープライズ モバイルBIZ

 ワイヤ・アンド・ワイヤレスは24日、東京工業大学と東工大キャンパス内の無線LAN接続実験を実施することを発表した。

 東工大は、学内の教育・研究環境の充実のため、大学キャンパス内でキャンパス無線LAN「キャンパス公衆ネットワーク」を構築・運用し、同大学学生や職員向けに提供している。これに加えて、東工大を訪れたゲストがキャンパス無線LANを利用できる環境の構築を検討していたが、ユーザーアカウントの発行・管理等の運用が課題となっていた。今回、無線LANサービス事業者であるWi2が、東工大のネットワークと無線LANサービス「Wi2 300」のネットワークとを接続し、「Wi2 300」のユーザーアカウントで大学訪問者やゲストがキャンパス無線LANを利用できる仕組みを共同で企画したとのこと。

 Wi2と東工大は、2010年1月を目途に、ネットワーク接続を行い無線LANサービスを提供する実験を開始する。ユーザは、Wi2の公衆無線LANサービス「Wi2 300」の月額プランもしくはワンタイムプランを申し込むことにより、東工大キャンパス内で無線LANを利用可能となる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top