レノボ、「ThinkCentre」シリーズ初の液晶一体型デスクトップPC | RBB TODAY

レノボ、「ThinkCentre」シリーズ初の液晶一体型デスクトップPC

 レノボ・ジャパンは25日、デスクトップPC「ThinkCentre」シリーズで初となる企業向け液晶一体型デスクトップPCとして19V型ワイド液晶搭載「ThinkCentre A70z All-In-One」を発表。12月11日から出荷を開始する。同社直販サイト価格は77,700円から。

IT・デジタル ノートPC
ThinkCentre A70z All-In-One
  • ThinkCentre A70z All-In-One
  • 側面
  • 奥行きが73mmのスリムなデザイン
 レノボ・ジャパンは25日、デスクトップPC「ThinkCentre」シリーズで初となる企業向け液晶一体型デスクトップPCとして19V型ワイド液晶搭載「ThinkCentre A70z All-In-One」を発表。12月11日から出荷を開始する。同社直販サイト価格は77,700円から。

 同製品は、液晶ディスプレイと本体が一体型のデスクトップPC。奥行きが73mmのスリムなデザイン。ディスプレイのサイズは19型で、フレーム部を含めても24型ディスプレイ相当のコンパクトサイズとなっている。

 Windows 7 Lenovo Enhanced Experienceに認定されており、システム・ファイルやハードウェア設定が新OSに最適化済み。同じシステム構成で最適化されていないPCと比較した場合、起動時間やシャットダウン時間が短縮されるという。また、ThinkVantageテクノロジーの「Power Manager」を搭載したすべてのThinkCentreおよびディスプレイの電源設定を、AD(Active Directory)に対応した形で管理が可能。決められたスケジュールに基づきPCをシャットダウンするようにプログラムすることもでき、大幅な電力の節約とコスト削減につながる。

 おもな最小構成仕様として、OSはWindows 7 Professional 32ビット(ダウングレードXP Professional SP3)、CPUはCeleron E3200(2.4GHz)、メモリは1GB(最大4GB)、HDDは250GB。光学ドライブはDVD-ROM。インターフェースはUSB2.0×6/ヘッドホン/マイク。有線LANは1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T。本体サイズは幅472×高さ356×奥行き73mm、重さは約7.2kg。付属品は、USBキーボード/USBマウス/電源コードなど。

 おもなオプションとして、CPUはCore 2 Duo E7500(2.93GHz)、メモリは2GB(最大4GB)、HDDは320GB/500GB。光学ドライブはDVDスーパーマルチを選択可能。無線LANや130万画素webカメラの搭載にも対応する。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top