エプソンダイレクト、デスクトップPCに発煙・発火のおそれ——リコール社告の実施と無償の点検・修理 | RBB TODAY

エプソンダイレクト、デスクトップPCに発煙・発火のおそれ——リコール社告の実施と無償の点検・修理

IT・デジタル ノートPC
リコール社告の対象機種EDiCube BBシリーズとEDiCube MXシリーズ(ディスプレイ/付属品は対象外)
  • リコール社告の対象機種EDiCube BBシリーズとEDiCube MXシリーズ(ディスプレイ/付属品は対象外)
  • リコール社告の対象機種の確認方法
 エプソンダイレクトは11日、2001年11月から2003年8月にかけて販売した同社製デスクトップPCにおいて、本体背面の排気口付近から発煙・発火する場合があることが判明したと発表。リコール社告を実施し、無償で該当製品の点検・修理を開始した。

 今回の不具合の原因は、通電時の熱ストレスによる電源ユニット内部のはんだクラック(はんだのひび割れ)。電源ユニット内部のコネクターのはんだ付け部において、熱ストレスにより、はんだクラックが生じ、ごく希にトラッキング現象に至る場合がある。トラッキング現象が発生すると、本体背面の排気口付近から発煙・発火するおそれがあるという。

 同社では、対象機種を使用するユーザーを対象に、使用を中止し、電源プラグをコンセントから抜き、下記「特別対応窓口」まで連絡するように呼びかけている。対象機種は、デスクトップPC「EDiCube BB」シリーズと同「EDiCube MX」シリーズで以下のとおり。詳細は「ユーザーサポート」ページを参照のこと。

●EDiCube BBシリーズ
・「EDiCube BB100」(販売時期:2001年11月〜2002年10月)

●EDiCube MXシリーズ
・「EDiCube MX1300H」「同MX1300P」「同MX1500H」「同MX1500P」「同MX1600HTV」「同MX1600PTV」「同MX1700HTV」「同MX1700PTV」「同MX1800HTV」「同MX1800PTV」(販売時期:2002年6月〜2003年2月)
・「EDiCube MX2500HTV」「同MX2500PTV」「同MX2700HTV」「同MX2700PTV」(販売時期:2002年11月〜2003年7月)
・「EDiCube MX3500HVR」「同MX3500PVR」「同MX3550HVR」「同MX3550PVR」「同MX3700HVR」「同MX3700PVR」「同MX3850HVR」「同MX3850PVR」(販売時期:2003年2月〜2003年8月)

■問い合わせ窓口/エプソンダイレクト 電源ユニット特別対応窓口
●ホームページによる申し込み
同社「ユーザーサポート」ページの案内に沿って申し込み。
http://shop.epson.jp/2009mx/
●電話による申し込み 
TEL:0120-948-334(通話料無料) 
受付時間:9:00〜18:00(月〜日曜日、祝日)
※同社指定休日は除く ※携帯電話からも利用可能
●FAXによる申し込み
FAX:0120-998-719(通信料無料)
《加藤》

関連ニュース

特集

page top