三菱、IPS液晶パネル採用の23V型ワイドフルHDディスプレイ | RBB TODAY

三菱、IPS液晶パネル採用の23V型ワイドフルHDディスプレイ

IT・デジタル ノートPC

「Diamondcrysta WIDE」
  • 「Diamondcrysta WIDE」
 三菱電機は28日、23V型ワイド液晶ディスプレイ「Diamondcrysta WIDE」(型番:RDT231WM-X<BK>)を発表。11月20日から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は52,800円前後。

 同製品は、超解像度技術を搭載した同社の23V型ワイド液晶ディスプレイ「RDT231WM」のシリーズ機種。解像度はフルHDの1,920×1,080ピクセルとなる。広い視野角と色彩表現力に優れたIPS液晶パネル(非光沢)を採用。独自の「オーバードライブチェンジャー機能」を搭載し、同パネル採用ディスプレイとしては国内最速の応答速度3.8ms(GTG:中間階調応答速度)を実現した。これにより、動きの速いシーンにおいても残像感の少ないキレのある表現が可能になったという。

 画像処理LSI「ギガクリア・エンジン」を装備し、ぼやけた映像をクリアに再現する超解像度技術、コントラストや階調の向上、ノイズ低減などを実現。低解像度のストリーミング映像からハイビジョン放送まで、あらゆる映像ソースに対応する。おもな機能は付属のカードリモコンで直感的な操作が可能。そのほか、10ビット信号処理により細かい階調表現ができる「10ビットガンマ機能」や、コンテンツに沿った最適な画質を簡単に設定可能な「DV MODE」などを搭載した。

 視野角は上下左右178度。輝度は300cd/m2。コントラスト比は5,000:1。インターフェースはミニD-sub15ピン/DVI-D/HDMI×2/3.5ミリステレオミニ。スピーカーは3W×2。スタンドを含む本体サイズは幅546×高さ452×奥行き230mm、重さは約6.2kg。電源コード/信号ケーブル/オーディオケーブル/リモコンなどが付属。
《小口》

関連ニュース

特集

page top