米Adobe、Flash Player 10.1を発表 〜 モバイル機器に初のフル対応 | RBB TODAY

米Adobe、Flash Player 10.1を発表 〜 モバイル機器に初のフル対応

エンタープライズ モバイルBIZ

 米Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ)は5日、「Adobe Flash Player 10.1」を発表した。

 Adobe Flash Player 10.1は、スマートフォンなどにも対応しており、携帯端末では初となるFlashフル対応版のプレイヤーとなる。Windows MobileやPalm webOSに対応したブラウザベースのランタイムは、年内に開発者向けパブリックベータ版が公開される予定。Windows、Macintosh、LinuxのデスクトップOS向けのベータは今年後半、Google AndroidとSymbian OS向けのパブリックベータ版は、2010年前半の公開の予定となっている。さらに、アドビとRIMは、Flash PlayerのBlackberryスマートフォン対応を目指し協力することも発表した。

 アドビは、スマートフォン、スマートブック、ネットブック、PC、テレビ、携帯電話など、さまざまなハードでFlashコンテンツを利用できる環境を作るオープンなプロジェクト「Open Screen Project」を設立している。現在約50社が参加しているが、このプロジェクトにGoogleも参加するという。Flash Player 10.1は、Open Screen Projectで初となる一貫したランタイムであり、さまざまな機器でリソースの利用を最小限に抑え、表現力豊かなアプリケーションやコンテンツ、高品位(HD)動画などをバッテリ寿命を節約しつつ再生可能となる。

 デバイス本来の機能を活用するモバイル対応の新機能としては、マルチタッチ、ジェスチャー、モバイル入力モデル、加速度計、スクリーンオリエンテーションが実装される見込み。またFlash Access 2.0によるコンテンツ保護機能の搭載など、HTTPストリーミングによるメディア配信も活用できるとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top