プログラマの祭典「Google Code Jam 2009」、今年も開催 | RBB TODAY

プログラマの祭典「Google Code Jam 2009」、今年も開催

ブロードバンド その他

Google Code Jamサイト
  • Google Code Jamサイト
 グーグルはプログラミングコンテスト「Google Code Jam 2009」の開催を発表しているが、8月17日付けの日本公式ブログでも参加を呼びかけている。

 「Google Code Jam」は、2003年からGoogleが開催している、世界中のプログラマーを対象にしたプログラミングコンテスト。今年は、9月3日(米国時間9月2日)からオンラインの予選ラウンドが開始、いくつかのオンラインラウンドを勝ち抜けば、決勝戦に参加できる。ファイナルラウンドは11月13日開催で、世界のトップ25が米国カリフォルニア州マウンテンビューにあるGoogle本社に招待され決戦に挑むこととなる。

 予選を含めたオンラインラウンドは、3〜4つのそれぞれ難易度の異なる問題が出題される。使用できるプログラミング言語に制限はなく、自分の得意なプログラミング言語、使い慣れた環境、ツールを利用することができる。参加登録は、Google Code Jamのサイトから可能。このサイトでは、昨年のコンテストで出された問題を実際に試すことができるが、Google Code Jam 2008・オンラインラウンド1Aで出された難易度高の問題として、「(3 + √5)を1,000,000,000乗した結果の、整数部分の下3桁はどうなるでしょうか?」という例題が、日本語ブログでは紹介されている。まともに計算しただけでは、時間もかかりそうだし、オーバーフローしそうな設問だが、プログラミングの腕に自信がある方はぜひ挑戦してみてはどうだろうか?
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top