日本HP、動画再生支援機能がついた「HP Pavilion Notebook PC dv2」をさらに強化 | RBB TODAY

日本HP、動画再生支援機能がついた「HP Pavilion Notebook PC dv2」をさらに強化

 日本HPは16日、同社のモバイルノートPC「HP Pavilion Notebook PC dv2」の秋モデルを発表。同日より順次発売する。価格は79,800円〜。

IT・デジタル ノートPC
HP Pavilion Notebook PC dv2(量販店モデル)
  • HP Pavilion Notebook PC dv2(量販店モデル)
  • HP Pavilion Notebook PC dv2(直販モデル)
 日本HPは16日、同社のモバイルノートPC「HP Pavilion Notebook PC dv2」の秋モデルを発表。同日より順次発売する。価格は79,800円〜。

 同製品は、今年4月に発売されたHP Pavilion Notebook PC dv2をスペックアップした秋モデル。夏モデルではCPUがAthlon Neo MV-40(1.6GHz)のみだったが、秋モデルでは量販店仕様がAthlon Neo X2 L335(1.6GHz)、直販のHP Directplus 仕様がTurion Neo X2 L625(1.6GHz)を搭載。デュアルコア採用により、Turion Neo X2 L625と比較した場合、CPU性能でおよそ2倍のパフォーマンスアップが図られたという。

 定評のあった動画再生支援機能をさらに強化。夏モデルでは直販のみだったグラフィックカード、ATI HD 3410を全モデルで搭載。標準2GBメモリ搭載の場合、直販仕様では、グラフィックス専用メモリが512MBとなる。夏モデルの量販店仕様だったチップセット内蔵型と比較した場合、グラフィックス性能は約2倍向上したという。また、スクウェア・エニックスから「ファイナルファンタジーXI for Windows」の動作認定を受けた。

 そのほか夏モデルからのおもな変更点としては、量販店仕様のストレージが160GBのHDDから250GBへアップ(直販仕様は変わらず320GBのまま)。HDMIポートは夏モデル同様、直販仕様にのみ搭載。また、それぞれにスタンダードモデル/オフィス搭載モデルを用意。デザインは直販仕様が黒を基調にした「ZEN-design“kirameki”(煌)」、量販店仕様が白を基調にした「ZEN-design “asagiri”(朝霧)」となっている。なお、Windows 7無料アップグレードプログラムに対応。

 スタンダードモデルのおもな仕様は以下のとおり。

●HP Pavilion Notebook PC dv2直販モデル
・CPU:Turion Neo X2 L625(1.6GHz)
・HDD:320GB
・無線LAN:IEEE802.11a/b/g/nドラフト
・そのほかの機能:Bluetooth2.0+EDR
・バッテリ駆動時間:約3.6時間

●HP Pavilion Notebook PC dv2量販店モデル
・CPU:Athlon Neo X2 L335(1.6GHz)
・HDD:250GB
・無線LAN:IEEE802.11b/g
・バッテリ駆動時間:約3.53時間

●共通仕様
・OS:Windows Vista Home Premium(SP1)
・メモリ:2GB(最大4GB)
・チップセット:AMD M690G
・グラフィックス:ATI HD 3410
・液晶ディスプレイ:12.1V型ワイド液晶(1,280×800ピクセル)
・LAN:100Base-TX/10Base-T
・インターフェース:HDMI(直販仕様のみ)/USB2.0×3/ミニD-sub15ピン/マイク/ヘッドホン/ラインアウト
・本体サイズ:幅293×高さ24〜33.5×奥行き242mm
・重さ:約1.7kg
・そのほかの機能:webカメラ
・付属品:ACアダプタ/電源コードなど
《小口》

関連ニュース

特集

page top