ポリコム、中小をターゲットにエントリーレベルのビデオ会議システム2機種 | RBB TODAY

ポリコム、中小をターゲットにエントリーレベルのビデオ会議システム2機種

エンタープライズ その他

「Polycom QDX 6000」
  • 「Polycom QDX 6000」
 ポリコムジャパンは8日、高性能ビデオ会議システムのエントリーモデル 「Polycom HDX 6000」とHD対応ビデオ会議システムおよび「Polycom QDX 6000」ビデオ会議システムの2機種を発表した。Polycom HDX 6000は83万円(税別)で8月中旬頃の出荷開始予定。Polycom QDX 6000は57万8000円(税別)で、7月末頃の出荷開始予定となっている。中小規模企業や大企業の中小規模拠点を対象としている。

 両製品ともデュアル モニタ エミュレーションによって人物映像とコンテンツを同時に表示したり、相手側と自局側の映像を同時に表示することが可能。頻繁にパケットロスが発生するネットワークでも高品質のビデオ会議を行うことができるLost Packet Recovery(LPR)テクノロジーを採用する。また、「Polycom Siren 22(22KHzの超広帯域音声)」やステレオ音声「Polycom StereoSurround」で臨場感を体感できるという。

 Polycom HDX 6000は832Kbps〜2Mbpsの通信帯域で、720p/30fpsのHD映像に対応。Microsoft Office Communications Server 2007など主要なユニファイドコミュニケーションに対応している。Polycom QDX 6000は256Kbps〜4Mbpsで、DVD並みのSD 480p/30fps の画質に対応する。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top