航空運賃値下げ受け「飛行機使って旅行へ行く」人はどれくらい? | RBB TODAY

航空運賃値下げ受け「飛行機使って旅行へ行く」人はどれくらい?

 高速道路の土日祝日運賃割引の利用好調を受け、航空各社も夏の行楽シーズンに向けた割引プランを打ち出している。そこでアイシェアが飛行機を利用した2009年夏の旅行について調査を実施した。

エンタメ その他
今年の夏の旅行に関する意識調査
  • 今年の夏の旅行に関する意識調査
 高速道路の土日祝日運賃割引の利用好調を受け、航空各社も夏の行楽シーズンに向けた割引プランを相次いで打ち出している。そこでアイシェアがネットユーザーを対象に、飛行機を利用した2009年夏の旅行について意識調査を実施。20代から40代の男女603名の回答を集計した。

 航空会社が一斉に進めている航空運賃の値下げについて、「知っている(はい)」と回答したのは、全体の29.2%。20代で26.2%、30代で28.3%、40代で33.2%と、上の年代ほど認知度が高かった。

 今夏、飛行機を使って旅行する予定が既にある人は94名(15.6%)。ただ40代では18.1%とやや比率が高かった。一方、今夏に飛行機を使った旅行を予定していない509名に、「航空運賃の値下げを受け、飛行機を使って旅行に行きたいと思うか」を聞くと、「ぜひ行きたい」積極派は2.4%と少数派ながら、「予算・スケジュールの都合が付けば行ってもいいと思う」と答えた人は61.8%にのぼった。あわせると64.2%でほぼ3人に2人が値下げをきっかけに飛行機の利用に前向きな姿勢をみせている。

 今回の「夏の航空運賃の値下げ」についてどう思うか聞いたところ、51.1%が「いいと思う」と回答。「まあまあいいと思う」をあわせると93.7%にのぼり、男女年代を問わず『肯定派』が圧倒的多数を占めた。高速道路、鉄道との競争が激化しており、今年の夏の旅行はどんな交通手段をりようすることになるか、多くの人が頭を悩ますことになるかもしれない。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top