ドコモ、「衛星パケットサービス」を2012年3月31日終了 〜 6倍高速の次期サービスに移行 | RBB TODAY

ドコモ、「衛星パケットサービス」を2012年3月31日終了 〜 6倍高速の次期サービスに移行

 NTTドコモは3日、「衛星パケットサービス」を2012年3月31日に終了し、次期サービスを開発し2010年前半から提供開始する予定であることを発表した。

ブロードバンド その他
 NTTドコモは3日、「衛星パケットサービス」を2012年3月31日に終了し、次期サービスを開発し2010年前半から提供開始する予定であることを発表した。

 「衛星パケットサービス」は「ワイドスター」(衛星電話サービス)において最大64Kbpsのパケット通信が可能なサービス。2000年3月より提供してきたが、後継となる次期サービスを2010年前半(予定)から提供する。後継サービスは最大384Kbpsに高速化される見込み。現行の「ワイドスター」同様、日本全土ならびに日本沿岸からおおむね200海里までの海上エリアで提供されるもので、主に山間部、船舶、島しょ部における通信手段として、音声・パケット通信サービス、FAX機との接続サービスが利用可能。最大200ユーザー(予定)に対して、音声、FAX、メールの複数の手段により連絡できる「いっせい同報サービス(仮称)」(2010年4月提供予定)にも対応する。

 「衛星パケットサービス」の新規申込みの受付終了については、決定し次第案内される予定。また、「衛星パケットサービス」を新規受付終了までの期間に申込むユーザであっても幅広い利用方法が選択できるよう、「ワイドスター・デュオ レンタルサービス」において1年契約プランを2009年6月4日より追加する予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top