ACCSなど、上海市において正規版ソフト利用の企業表彰キャンペーンを開始 | RBB TODAY

ACCSなど、上海市において正規版ソフト利用の企業表彰キャンペーンを開始

エンタープライズ その他

 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)、上海市版権保護協会、ビジネスソフトウェアアライアンス(BSA)の3者は13日、中国・上海市において現地の日系企業を対象に、正規ビジネスソフトの利用とソフトウェア管理を推進するキャンペーンを共同実施すると発表した。21日に上海市で開幕式を開催するほか、9月にはソフトウェア管理の優良企業を表彰するなど、不正コピーの問題解決を通じて、日系企業の内部統制やコンプライアンス推進についてのサポートを行う。

 中国では、政府の主導で各種の知財保護施策が実施されており、ビジネスソフトに関して、政府機関での正規版ソフトの利用が徹底されたほか、2006年4月には国家版権局をはじめとした9省庁による「企業正規ソフト使用推進の実施方案」が打ち出され、国営企業や外資系企業などを対象とした正規版ソフト利用推進に関する各活動が実施されている。上海では、市の著作権管理の主管部門・上海市版権局の指導下にある上海市版権保護協会が著作権業務を行っており、ACCSは、2005年に上海での活動を本格化して以来、同協会と継続して情報交換を行ってきた。日本は、ソフトウェア管理の浸透などから先進諸国の中でもビジネスソフトの「違法コピー率」が最も低い状況にあり、ACCSは、上海市版権保護協会に対して、日本で実行しているソフトウェア管理手法のレクチャーなどを行ってきた。

 一方でACCSでは、現地における日系企業のソフトウェア管理の徹底について、注意を呼び掛ける活動も行ってきた。不正コピーが多い国の場合、現地従業員の不正コピーに対する意識だけでなく、企業としてもソフトウェア管理への意識が低くなる傾向があるが、中国政府が本格的に活動を始めて以来、日系企業が摘発される可能性も高まっているためだ。これらの経緯から、現地の日系企業で不正コピーが発覚した際の法的リスク、ならびに、会社法などで規定される内部統制やコンプライアンスの観点から日本の本社側の法的リスクなどを軽減することなどを目的として、また、上海における正規ソフト利用推進のモデルケースづくりとして、このたび、両協会および中国ビジネスソフトウェアアライアンスが共同して、「『上海市正規ソフト利用コンプライアント企業』表彰活動」を実施することになった。

 キャンペーンは、(1)「上海市正規ソフト利用コンプライアント企業」表彰活動動員大会及びセミナー開催(21日)、(2)企業による正規ソフトの導入と主催者によるソフトウェア監査の実施(5月〜8月)、(3)「上海市正規ソフト利用コンプライアント企業」表彰大会(2009年9月予定)の3段階で進める予定とのこと。現地日系企業には、自主的なソフトウェア管理などを実施した上でACCS等によるソフトウェア監査を受けてもらい、結果が優良な企業を、9月開催予定の表彰大会において「上海市正規ソフト利用コンプライアント企業」として表彰する計画だ。「上海市正規ソフト利用コンプライアント企業」表彰活動の動員大会(開幕式)参加の申し込みは、所定の申込用紙に必要事項を記入の上、現地担当窓口(上海市版権保護協会)まで、FAXまたはE-mailで申し込みのこと。
《池本淳》

関連ニュース

特集

page top