「J:COMチャンネル」、地域の暮らしに役立つデータ放送をスタート | RBB TODAY

「J:COMチャンネル」、地域の暮らしに役立つデータ放送をスタート

 ジュピターテレコム(J:COM)は4月1日、デジタルコミュニティチャンネル(自主放送)「J:COMチャンネル」でのデータ放送を開始する。

ブロードバンド その他
利用イメージ
  • 利用イメージ
  • データ放送コンテンツメニュー
 ジュピターテレコム(J:COM)は4月1日、デジタルコミュニティチャンネル(自主放送)「J:COMチャンネル」でのデータ放送を開始する。

 J:COMのデータ放送は、居住地域の天気や道路交通情報、行政や警察からの連絡など、暮らしに役立つ地域情報をTV画面上に表示するサービス。デジタル放送を受信時に24時間いつでも利用できる文字、画像、音声などの情報サービスとなる。

 チャンネルを「デジタル11ch」(ケーブルネット下関のみデジタル12ch)に合わせると、TV画面上に文字・画像情報が表示される。通常データ放送サービスはリモコンの「dボタン」を押すことによって画面に表示されるが、J:COMチャンネルのデータ放送は画面上に表示されるため、視聴者は身近な生活情報をいつでも簡単に見ることができるとのこと。常時表示は各サービスエリアで4月以降順次スタートする。なおJ:COMのケーブル回線経由でTVを視聴できる環境(視聴可能世帯約744万世帯、2008年12月末現在)なら、J:COMサービスの加入契約の有無に関係なく無料で利用可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top