KDDIほか4社、鳥取県日吉津村で居住者密着型のワンセグ放送実験を日本で初めて実施 | RBB TODAY

KDDIほか4社、鳥取県日吉津村で居住者密着型のワンセグ放送実験を日本で初めて実施

 KDDIほか4社は3日、鳥取県西伯郡日吉津村において、ケーブルテレビアクセス網を中継線として利用したエリア限定ワンセグ放送の実証実験を行うことを発表した。

エンタープライズ モバイルBIZ
ワンセグ放送実験を行う鳥取県日吉津村の位置
  • ワンセグ放送実験を行う鳥取県日吉津村の位置
  • 実験放送のカバーエリア(目安)
  • 実験電波の送信イメージ
 中海テレビ放送、サテライトコミュニケーションズネットワーク、DXアンテナ、KDDIの4社は3日、鳥取県西伯郡日吉津村(ひえづそん)において、ケーブルテレビアクセス網を中継線として利用したエリア限定ワンセグ放送の実証実験を行うことを発表した。

 日本で初めて、地元居住者の日常生活に密着したエリア限定ワンセグ放送の実証実験となる予定で、実験期間は4月29日から7月末まで。期間中、中海テレビ放送のコミュニティチャンネルのほか、日吉津村役場やイオン日吉津ショッピングセンターなどと連携した特別編成番組、関連イベントの生中継などがワンセグ向けに配信される予定。

 電波測定などの技術検証に加え、地域情報のギャザリング、放送-通信連携などのサービス実験やエリア限定ワンセグ放送を行う。視聴者へ利便性などに関するアンケートを行うことにより、将来のサービスモデルを検証するという。

 今回の実証実験では、一般の地上デジタル放送と同様の周波数を使用する。市販されている携帯電話やカーナビなどのワンセグ端末で視聴できるため、多くの視聴者が、将来のワンセグ放送の視聴スタイルを体験できる。エリア限定ワンセグ放送は、限られた地域だけで視聴できるため、通常の地上デジタル波のワンセグ放送とは異なり、地域に密着したコンテンツを配信できる特徴を持ち、地域活性化のための取り組みのモデルとしても期待されているとのこと。

 中海テレビ放送が実験試験局の運用、ネットワーク構築など実験の主体となり、サテライトコミュニケーションズネットワークが地域コンテンツ制作を、DXアンテナとKDDIがシステム構築を担当する。
《池本淳》

関連ニュース

特集

page top