KDDIと研究学園都市コミュニティケーブルサービス、CDNを活用した電話サービスを開始 | RBB TODAY

KDDIと研究学園都市コミュニティケーブルサービス、CDNを活用した電話サービスを開始

ブロードバンド その他

 財団法人研究学園都市コミュニティケーブルサービス(ACCS)とKDDIは30日、「ケーブルプラス電話」を開始すると発表した。サービス開始は2月より。

 ACCSは茨城県つくば学園都市を中心に、独自のケーブルネットワークを使用して、テレビサービスとインターネット接続サービスを提供しており、対象世帯数は約67,378世帯。「ケーブルプラス電話」はACCSのケーブルテレビ網とKDDIのCDN(IP技術、大容量回線等を活用し、映像・音声等の配信に適したコンテンツ配信網、Contents Delivery Network)を活用した電話サービスとなる。同時にデジタル放送サービス、インターネットサービス、固定電話サービスのトリプルサービスが利用できるとのこと。

 基本料金は税込1,396円/月。通話料金は市内・県内市外が税込8.4円/3分、県外市外が税込15.75円/3分。現在利用しているNTT東日本の電話番号がそのまま利用できるほか、au利用顧客を対象にした「auまとめトーク」「ケーブルプラス電話auケータイセット割」の割引サービスも提供される。110番、118番、119番の緊急通話にも対応する。
《荻野ケイ》

関連ニュース

page top