IIJ、自社サービスとネットワーク設備におけるIPv6への対応状況を発表 | RBB TODAY

IIJ、自社サービスとネットワーク設備におけるIPv6への対応状況を発表

エンタープライズ その他

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は27日、自社のサービスとネットワーク設備における、次世代インターネットプロトコル「IPv6」への対応状況を発表した。

 それによると、「インターネット接続サービス」「マネージドルータサービス」「SEILレンタルサービス」「IIJ DNSサービス」については、すべて対応済みとのこと。「IIJデータセンター接続サービス」および「IIJ Webハイグレードサービス」は2009年4〜6月対応予定、「IIJマネージドファイアウォールサービス」および「IIJ大規模コンテンツ配信サービス」は2009年7〜9月対応予定となる。

 同社は、1999年に日本で初めてIPv6商用実験サービスを開始して以来、IPv6の普及・促進に取り組んでいる。今後も、順次サービスとネットワーク設備のIPv6対応を進め、対応の状況について定期的に報告するとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top