世界初! パナソニック、SDメモリーカードに録画番組を書き出せるHDD搭載ハイビジョンDVDレコーダー2機種 | RBB TODAY

世界初! パナソニック、SDメモリーカードに録画番組を書き出せるHDD搭載ハイビジョンDVDレコーダー2機種

 パナソニックは6日、HDD搭載ハイビジョンDVDレコーダー「ハイビジョンDIGA(ディーガ)」の新シリーズとしてVHS一体タイプの「DMR-XP25V」と、「DMR-XP15」2機種を発表。2月1日より発売。

IT・デジタル レコーダー
DMR-XP25V
  • DMR-XP25V
  • DMR-XP15
 パナソニックは6日、HDD搭載ハイビジョンDVDレコーダー「ハイビジョンDIGA(ディーガ)」の新シリーズとしてVHS一体タイプの「DMR-XP25V」と、「DMR-XP15」2機種を発表。2月1日より発売。価格はオープンで、予想実売価格はDMR-XP25Vが100,000円前後、DMR-XP15が75,000円前後。

 両製品は、世界で初めて録画番組をSDメモリーカードに高速で書き出し、ワンセグテレビやワンセグ対応携帯電話などで楽しめる「ワンセグ持ち出し」機能を装備するDVDレコーダー。新世代システムLSI「UniPhier®(ユニフィエ)」を採用し、第2世代のMPEG-4 AVC/H.264エンコーダー「アドバンスドAVCエンコーダー」を搭載することで、ハードディスクに従来比約5.5倍の長時時間録画が可能。さらに、4.7GBのDVDに約2時間10分のフルハイビジョン録画が可能となった。

 高画質回路技術 「HDオプティマイザー」を搭載し、デジタル放送のブロックノイズやざわつきノイズを、独自のアルゴリズムで自動検出してノイズを抑え、デジタルハイビジョン放送をより美しく録画・再生できるという。ディスクへの録画時間を最優先し、録画モードに関わらず、データ放送をカットして録画可能。「ダビング10」に対応しており、「ダビング10番組」を録画した場合、コピー9回・ムーブ1回ができる。また、使い勝手を考慮した「新かんたんリモコン」を付属。大きなボタンを採用し、「30秒送り」や「10秒戻し」ボタンなどを配置した。

 そのほか、液晶テレビ「VIERA」のリモコン1つで操作できる「VIERA Link(ビエラリンク)」機能、同社のハイビジョンビデオカメラで撮影したハイビジョン映像の再生や保存に対応する「ハイビジョンムービー連携」機能、デジタルカメラで撮影した写真の保存、再生、印刷ができる「フルハイビジョンテレ写」機能、HDDに記録した番組や音楽などそれぞれの項目が表示され、見たいコンテンツを選択するだけの「新スタートメニュー」機能、録画番組の動画がプレビューウィンドウで確認できる「録画一覧」機能、録画した番組にチャプターマークを自動作成できる「オートチャプター」機能、1つのチャンネルの番組表を最大8日分一覧表示できる「チャンネル別番組表」、スポーツなど好みのジャンルだけを表示する「ジャンル別番組表」、選んだチャンネルだけを表示する「お好み番組表」、リモコンの赤ボタンを押すだけで録画予約ができる「かんたん予約」機能、出演者や番組名で検索できる「フリーワード検索」機能、ドラマをまとめてダビングできる「シリーズ一発ダビング」機能、1.3倍速の早送りで番組を視聴できる「1.3倍早見再生」機能などを搭載。

 DMR-XP15は、奥行き244mmのコンパクト設計。省スペース配置を可能にしている。また、本体の待機時消費電力はDMR-XP25Vが0.5W DMR-XP15が0.3Wの省電力化を実現。

 HDDは250GB。フルHDでのHDD最長録画時間は約126時間。インターフェースはHDMI/D4/S映像/光デジタル音声/SDメモリーカードスロットなど。本体サイズはDMR-XP25Vが幅430×高さ93×奥行き335mm、重さは6.5kg、DMR-BW850が幅430×高さ59×奥行き244mm、重さは3.3kg。
《満井》

関連ニュース

特集

page top