ジョブズCEO、自らの病状を告白する手紙でアップル株上昇 | RBB TODAY

ジョブズCEO、自らの病状を告白する手紙でアップル株上昇

 5日早朝(現地時間)、Macworld 2009の開幕に先立ち、「アップルCEOステーブ・ジョブズからの手紙」というメッセージが米Apple(アップル)のwebサイトを通じて掲載された。

ブロードバンド その他
アップルCEOステーブ・ジョブズからの手紙
  • アップルCEOステーブ・ジョブズからの手紙
  • Macworld 2009は5日〜9日開催
  • 黒いベールに包まれたアップルブース
  • 準備が進む会場
 5日早朝(現地時間)、「アップルCEOステーブ・ジョブズからの手紙」というメッセージが米Apple(アップル)のwebサイトを通じて掲載された。

 5日はMacworld 2009の開幕日にあたり、ジョブズCEOは自分の健康不安説に惑わされることなく「明日からのショーをリラックスして楽しんでほしい」という意図から、自らの病状を伝えることに決めたとそのメッセージで語っている。

 健康不安説は、2008年に行われたジョブズの数回のプレゼンテーションでどんどん痩せてゆく姿と2005年のスタンフォード大学の有名な卒業スピーチで膵臓癌を克服したことを告白していることを結び付けて噂は広がった。またジョブズCEOおよびアップルは健康に関する質問をかわし続けてきたことに加え、昨年12月16日にMacworld 2009の基調講演をマーケティング担当のフィル・シラー副社長が行うことが発表されたことが、「健康が急速に衰えている」という噂記事に繋がっていた。

 今回のジョブズCEOの病状告白は——「2008年のあいだ原因不明で痩せ続けていたが、精密検査の結果、数週間前にやっとホルモンのバランス異常であることが突き止められた。その治療は単純であり、専念し始めたところすでに体重減少が止まるなど回復の兆しがみえている。この10年間、年末はいつもMacworldの準備で忙しかったが昨年末のホリデーシーズンはおかげて家族とゆっくり過ごすことができた。治療は春いっぱいまでかかる見通しだ。」という。

 続けてジョブズCEOは、アップルの取締役会に自分がこのままCEO職に留まるべきかどうか決定してもらうとしている。また今後も(病状について)すべてを語ってゆくとしてメッセージを締めくくっている。

 一方、アップルのwebサイトではジョブズの書簡を掲載すると同時に取締役会の声明を次のように掲載している。「世界でジョブズがもっとも有能で効果的なCEOであることは社内外が認めるところ。CEO職を辞めたい、あるいは続けられないのかは、ジョブズ自身がわかるはず。取締役会はジョブズCEOの病状の回復期間中もしっかりと彼を支持します。」

 市場も歓迎し、先週終値よりもダウが0.91%、NASDAQが0.26%それぞれ下げるなか、Apple株は4.22%上昇した。

 ちなみに、本日(現地時間5日)から始まったMacworld 2009だが、一部カンファレンス以外はまだ準備中。Expo会場も設営まっただ中だ。明日のフィル・シラー アップル副社長の基調講演で本格的に開幕する。

 フィル・シラー氏が基調講演をする理由として流れたふたつの噂のひとつ、ジョブズ不健康説はうれしい方向で的中した。するともうひとつの噂「Macworldで発表すべきネタが小さい」は消滅したことになる。ジョブズが復活する春まで、アップルもいっしょに冬眠と揶揄されないような強力な話題が提供されるだろう。
《三浦和也》

関連ニュース

特集

page top