三菱電機、シンガポールと台湾の次期商用通信衛星「ST-2」を受注 | RBB TODAY

三菱電機、シンガポールと台湾の次期商用通信衛星「ST-2」を受注

ブロードバンド その他
「ST-2」のイメージ写真
  • 「ST-2」のイメージ写真
 三菱電機は2日、シンガポールSingapore Telecommunications Limited(SingTel)と台湾Chunghwa Telecom Company Limited(Chunghwa)から、両社の共同調達による次期通信衛星「ST-2」を受注したことを発表した。今回の受注により、同社は国際商用通信衛星市場に初参入することになる。

 三菱電機は1969年の宇宙開発事業団(NASDA、現在はJAXAに統合)発足以来、NASDAの推進する国内衛星開発プロジェクトの半数近くに主契約者として参画し、320以上の海外衛星プロジェクトにも衛星部品の供給などで参画してきている。今回の「ST-2」の提案には、NASDAの技術試験衛星VIII型「きく8号」をベースに開発された国産標準衛星バス「DS2000」が使用されている。「DS2000」は、国土交通省/気象庁の運輸多目的衛星新2号「ひまわり7号」と、スカパーJSATの「スーパーバードC2号機」でも使用されている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top