ティアック、iPod対応の家庭用本格オーディオコンポ | RBB TODAY

ティアック、iPod対応の家庭用本格オーディオコンポ

IT・デジタル その他

Reference 600で上はレシーバー「AG-H600」/下はCDプレーヤー「PD-H600」/左はiPod用dockステーション(iPodは別売)
  • Reference 600で上はレシーバー「AG-H600」/下はCDプレーヤー「PD-H600」/左はiPod用dockステーション(iPodは別売)
 ティアックは14日、家庭用本格オーディオのエントリー向けシステム「Reference 600」として、レシーバー「AG-H600」とCDプレーヤー「PD-H600」の2製品を発表。12月上旬より販売する。価格は各126,000円。

 Reference 600は、同社のオーディオコンポ「Reference」シリーズの上位製品で、本格コンポシステムのエントリーモデル。ハイエンドオーディオブランド「ESOTERIC(エソテリック)」のノウハウを、エントリーモデルの価格帯で提供するという。

 AG-H600は、iPod用dockステーションを標準で付属しており、iPodの音楽再生にも対応するレシーバー。ビデオ出力端子からテレビなどに接続すると、iPodの動画や画像をテレビで楽しめる。

 電源部に大型トロイダルトランスとショットキーバリア・ダイオードを採用し、安定した電流供給を可能とした。また、POWER MOS FET(Direct FETパッケージ)を取り入れ、オーディオ特性THD(全高調波歪率)の向上を図っている。

 さらに、トーンダイレクト機能をはじめ、干渉ノイズ低減のための動作時FLディスプレイ管消灯機能を搭載。ELNAコンデンサーやHi-Fi用抵抗など、低ノイズオーディオ専用部品を使用。ほかにOFCフィルターコイルを採用するなど、ノイズ低減の対策を徹底している。

 そのほかの仕様として、パワーアンプ部は、パワー効率の高い75W×2のClass-D(デジタル)アンプを採用。フロントパネルに7mm厚のアルミ材を使用。AM/FM各10局のプリセットが可能なチューナー機能を装備し、MMカートリッジ対応フォノイコライザーアンプやバナナプラグ対応本格大型スピーカーターミナルを搭載。本体サイズは幅290×102×338mm、重さは6.8kg。付属品は、iPod用ドッキングステーション/dockアダプタ/リモコン(単4形乾電池×2付き)/AMループアンテナ/FMアンテナなど。

 PD-H600は、CD-R/RWに記録したMP3やWMAファイルの再生にも対応するCDプレーヤー。強固なシャーシにアルミ外装パネルを採用し、中央にCDメカを配置。制振性の高い高剛性ボディとなっている。信号処理回路にはバー・ブラウンの高性能D/Aコンバーターを使用。ELNAコンデンサーやHi-Fi用の抵抗などのオーディオ専門部品を随所に取り入れ、CDの音質を最大限に高めている。

 ほかに特徴として、マスタークロックジェネレーター回路は、低ノイズ電源を使用した独立回路構成とし、 さらにD/Aコンバーターとの距離が最短になるように配置。マスタークロックが発生させる干渉ノイズを徹底排除する設計となっている。

 おもな仕様として、本体サイズは幅290×高さ102×奥行き308mm、重さは5.4kg。付属品はRCAオーディオケーブル/システムコントロールケーブル/リモコン(単4形乾電池×2付き)など。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top