MS、Virtual Machine Manager 2008とConfiguration Manager 2007 R2の提供を開始 | RBB TODAY

MS、Virtual Machine Manager 2008とConfiguration Manager 2007 R2の提供を開始

エンタープライズ その他

 マイクロソフトは4日、統合仮想化環境管理ソリューション「Virtual Machine Manager 2008」と企業内IT資産・構成管理ソリューション「Configuration Manager 2007 R2」の提供を開始した。また、日立製作所の日立アドバンストサーバ「HA8000シリーズ」、および富士通のPCサーバ「PRIMERGY」にVirtual Machine Manager 2008をバンドルしたモデルを順次提供することも明らかにされた。

 Virtual Machine Manager 2008は、Windows Server 2008 Hyper-V、Microsoft Hyper-V Server 2008、およびVMwareなどの仮想化環境において、稼働中の複数の仮想マシンを一元的に管理・展開する機能を備え、リソースの最適化による物理サーバの使用効率向上を実現するもの。ライブラリに登録されたテンプレートをベースとして、迅速な仮想マシンの展開、最適な配置決定を実現し、P2V(物理環境を仮想環境へ移行)やV2V(他社の仮想環境をWindows Server 2008 Hyper-Vの仮想環境へ移行)などをウイザードを利用して簡単に実施できる変換機能などが利用できる。

 Configuration Manager 2007 R2は、クライアント、サーバ、モバイルデバイスからハードウェアやソフトウェアの情報を収集し、そのインベントリと設定されたポリシーに基づいてソフトウェア配信、OS配信やセキュリティ更新モジュールの配信などの機能を、物理と仮想の両環境に統合管理コンソールから提供し、包括的な構成管理を実現するもの。今バージョンでは、アプリケーション仮想化ソフトウェア「Microsoft Application Virtualization 4.5」との連携が強化され、仮想化されたアプリケーションの配布や稼働状況を把握できる。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top