米Fortinet、リモートオフィス向けセキュリティ製品と10GbE対応製品3モデル | RBB TODAY

米Fortinet、リモートオフィス向けセキュリティ製品と10GbE対応製品3モデル

 米Fortinetは20日(米国時間)、リモートオフィス向け統合セキュリティアプライアンス「FortiGate-110C」を発表した。出荷は10月より開始される。

エンタープライズ モバイルBIZ
FortiGate-110C
  • FortiGate-110C
 米Fortinetは20日(米国時間)、リモートオフィス向け統合セキュリティアプライアンス「FortiGate-110C」を発表した。出荷は10月より開始される。

 FortiGate-110Cは、同社上位製品と同様にセキュリティに特化したASICプロセッサを採用し、500Mbpsのファイアウォール機能、100MbpsのIPSecVPN機能、65Mbpsのアンチウイルス機能、200MbpsのIPS機能が利用できる。コンフィギュレーション可能な10個のポートを備え、うち8個は内部スイッチインターフェイス、2個はギガビットWANインターフェイスとなっている。また、24時間体制の自動更新機能も用意されている。

 さらに、同社のセキュリティアプライアンス「FortiGate-5000」シリーズにおいて、10ギガビットイーサネットをオプションとしてサポートすることも発表された。出荷はすでに開始されている。

 10ギガビットイーサネット対応製品は、セキュリティブレード「FortiGate-5001A」、ハブブレード「FortiSwitch-5003A」、およびリアトランジションモジュール「RTM-XB2」の3製品。これらの製品では、ブレード単位だけでなく、ブレード間通信も10ギガビットイーサネットに拡張されている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top