フォーティネット、専用ネットワークプロセッサ搭載の統合セキュリティアプライアンス | RBB TODAY

フォーティネット、専用ネットワークプロセッサ搭載の統合セキュリティアプライアンス

 フォーティネットジャパンは23日、中規模企業向け複合脅威セキュリティアプライアンス「FortiGate-310B」を発表した。

エンタープライズ その他
「FortiGate-310B」
  • 「FortiGate-310B」
  • 「FortiGate-310B」
 フォーティネットジャパンは23日、中規模企業向け複合脅威セキュリティアプライアンス「FortiGate-310B」を発表した。

 FortiGate-310Bは、ファイアウォール、VPN、IPS、アンチウイルス、アンチスパム、アンチスパイウェア、Webフィルタリング、帯域制御を統合したセキュリティアプライアンス。従来、ハイエンド製品に採用されていた専用ネットワークプロセッサ「FortiASIC」を搭載することにより、ファイアウォールでは8Gbps、IPSec VPNでは6Gbpsのスループット性能とワイヤスピードのファイアウォール性能を実現した。また、10ポートのギガビットイーサネットポートを備え、オプションのAMCモジュールを使用することでさらに4ポートのギガビットポートの増設が可能だ。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top