パイオニア、ピュアシネマ機能搭載、ロスレスサラウンド対応などBlu-ray Discプレーヤー2製品 | RBB TODAY

パイオニア、ピュアシネマ機能搭載、ロスレスサラウンド対応などBlu-ray Discプレーヤー2製品

IT・デジタル レコーダー
BDP-LX91
  • BDP-LX91
  • BDP-LX71
 パイオニアは27日、Blu-ray Discの映像と音声の忠実な再生を追及したBDプレーヤー2機種を発表。「BDP-LX91」はフラッグシップモデルで価格は430,000円、12月中旬に発売。「BDP-LX71」はその普及モデルで価格は118,000円、11月中旬に発売。

 映像面で特徴となるのは、まずLX91は、適応型ビット拡張プロセッシングにより、輝度信号8ビット精度(256階調)のデータを16ビット精度(65536階調)に拡張。映像処理をより滑らかに行なう。また両製品とも、ピュアシネマ機能と動き適応型高精度IP変換機能によって、1,080/60p対応ディスプレイで表示する際に映像の質感をスムーズに変換するほか、ちらつきを抑えた高精細な映像を生み出す。

 また、ノイズの低減を図るトリプルHDノイズリダクションシステムを搭載(LX71で1,080/24p出力時には効果がない)。ディープカラー出力にも対応し、LX91は48ビット出力、LX71は36ビット出力によって映像表現力を高めているという。ハイスピードタイプのHDMIケーブルを用いればその効果はより期待される。さらにLX91は、市販のDVDや録画したハイビジョン映像を1,080/24pで出力する機能を搭載。LX71は、BDでの1,080/24pが可能となっている。

 なおLX91は、動画色空間の国際規格であるxvYcc準拠したx.v.color(エックスブイ・カラー)に対応。同規格に対応したディスプレイと組み合わせることで、映像の広色域化とより自然な色表現に効果があるという。

 次に音質面では、BDフォーマットで定められたドルビー TrueHDやDTS-HD マスターオーディオといったロスレスサラウンドのビットストリーム伝送に対応。マルチチャンネル音声を楽しめる。また、LX91はBDプレーヤー業界初として、HDMI出力端子を2系統装備。映像と音声をセパレートして出力できる。

 さらに業界初として、デジタル伝送で音質劣化の主要因となるジッターを最小化する技術PQLSを、HDMI接続で可能とした。また、8chすべてに採用したWolfson製高音質DACにより、マルチチャンネル再生が可能となっている。ほかにも、音声用クロック波形の品質を改善するジッターリダクション回路を搭載。これにより、デジタル音声出力(同軸/光/HDMI)とアナログ音声出力のともに、クリアな音質を演出するという。

 そのほかのおもな仕様は以下のとおり。

●共通仕様
・再生可能メディア:BD-ROM/R/RE/R DL/RE DL、DVD-Video/R/RW/R DL/+R/+RW/+R DL、AVCHD ディスク、AVCREC ディスク、音楽CD、CD-R/RW
・再生可能メディア(PC):CD-R/RW、DVD-R/RW、DVD-R LD、DVD-R/+RW
・再生可能ファイル(PC):WMA9/MP3/JPEG/DivX
・出力解像度:480/60i、480/60p、720/60p、1,080/60i、1,080/60p、1,080/24p
・音声特性:周波数4Hz〜88kHz(192KHzサンプリング)、S/N比115dB、ダイナミックレンジ103dB、全高調波歪み率0.0015%
・カラー:黒

●BDP-LX91
・インターフェース:HDMI×2/コンポーネント映像出力×1/S2映像出力×1/映像出力×1/光デジタル出力×1/同軸光デジタル出力×1/アナログマルチch音声出力×1/LAN(100BASE-TX)×1/コントロール×1
・本体サイズ:幅420×高さ143×奥行き365mm
・重さ:13.9kg

●BDP-LX71
・インターフェース:HDMI×1/コンポーネント映像出力×1/D1〜4×1/S2映像出力×1/映像出力×1/光デジタル出力×1/同軸光デジタル出力×1/アナログ2ch音声出力×1/アナログマルチch音声出力×1
・本体サイズ:幅420×高さ124×奥行き360mm
・重さ:5.7kg
《近藤》

関連ニュース

特集

page top