【Security Solution Vol.5】どんなネットワーク機器でもIPsecに対応できるアダプタ | RBB TODAY

【Security Solution Vol.5】どんなネットワーク機器でもIPsecに対応できるアダプタ

 Security Solution 2008のシスメックスRAブースでは、ネットワーク機器をIPsecに対応させるアダプタ「NetScrambler」をアピールしていた。イーサーネットポート付きの機器とネットワークの間に接続することでIPsecに対応するというアダプタだ。

エンタープライズ その他
「NetScrambler」の概要
  • 「NetScrambler」の概要
  • 暗号化を行ってもスループットが落ちないという動画配信のデモ
  • ネットワークと機器の間に接続するアダプタ「NS-501」
  • 組み込み用の「NS-101」
 Security Solution 2008のシスメックスRAブースでは、ネットワーク機器をIPsecに対応させるアダプタ「NetScrambler」をアピールしていた。イーサーネットポート付きの機器とネットワークの間に接続することでIPsecに対応するというアダプタだ。

 イーサネットポートを搭載する機器は多くなったが、暗号化に対応している機器はまだ少ない。NetScramblerは、ネットワーク機器やネットワークには手を加えることなく、IPsecに対応できる製品だ。

 暗号化はハードウェアで行うため、スループットは最高90Mbpsで通信速度にはほとんど影響を与えないのも特徴。ネットワークと機器の間に接続するアダプタ「NS-501」と組み込み用の「NS-101」を用意している。

 同ブースでは、古い複合機などのIPsecへの対応、NetScramblerを接続したPCのみファイルサーバが利用できるといったアクセス制限などの事例を紹介している。
《安達崇徳》

関連ニュース

page top