マクニカネットワークス、ハミングバード製PC Xサーバ「Exceed Freedom 2008J」発売 | RBB TODAY

マクニカネットワークス、ハミングバード製PC Xサーバ「Exceed Freedom 2008J」発売

エンタープライズ その他
「Exceed Freedom 2008J」構成イメージ
  • 「Exceed Freedom 2008J」構成イメージ
  • 「Exceed Freedom 2008J」に関する詳細
 マクニカネットワークスは8月11日より、ハミングバード社製コネクティビティ新製品であるハイブリッドPC Xサーバ「Exceed Freedom 2008J」の販売を開始する。

 「Exceed」シリーズは、Windows PC画面上でネットワークを介してUNIX/Linuxを簡単に操作できるPC Xサーバソフトウェア。「Exceed Freedom 2008J」は、既存のPC Xサーバ「Exceed 2008J」にアドオンして利用する機能拡張ソフト。WAN環境においても高速にUNIX/Linuxにアクセスしたいという個人、および中・小規模のPC Xサーバユーザのニーズに対応したハイブリッドPC Xサーバソフトウェアとなっている。通信トラフィックを最大約100分の1にまで削減する独自の圧縮技術により、LAN環境だけでなく、WAN環境やモバイル環境などの長距離・低帯域環境からの高速なアクセスが実現されているとのこと。またセッションの一時中断・再開が可能なサスペンド&レジューム機能を装備し、不測の障害時にも作業内容が失われることはないという。

 「Exceed Freedom 2008J」では、ユーザはXセッションを複数のユーザと共有可能で、セッションを共有したユーザは、セッションの所有者から各ユーザに付与された権限に応じて、各自のコンピュータからセッションを表示したり、セッションに参加したりできる。またSSL、SSHにより、Exceed Connection ServerとExceed Freedom(またはExceed Connection Server Manager)間の通信のセキュリティが確保される。

 価格は税込み47,250円(1ユーザ、サイトライセンス価格あり)。「Exceed 2008J」と「Exceed Freedom 2008J」がセットになった2008年10月末日までの期間限定キャンペーンパックも用意されている。
《冨岡晶》

関連ニュース

page top