CTC、番号表示や着信拒否など5つの付加サービスをまとめた光電話の割引パック提供開始 | RBB TODAY

CTC、番号表示や着信拒否など5つの付加サービスをまとめた光電話の割引パック提供開始

ブロードバンド その他
サービスイメージイラスト
  • サービスイメージイラスト
 中部テレコミュニケーション(CTC)は8月1日より、インターネットサービス「コミュファ光」の光IP電話サービス「コミュファ光電話」において、5つの付加サービスをまとめた「光電話付加サービス割引パック」の提供を開始する。

 「光電話付加サービス割引パック」は、「発信者番号表示サービス」「非通知着信拒否サービス」「割込電話サービス」「迷惑電話拒否サービス」「転送電話サービス」の5つの付加サービスをパックにしたもの。月額料金税込840円で利用可能となる。それぞれの付加サービスを個々に利用した場合と比べて税込1,365円も得になるとのことで、かなりのディスカウントとなっている。

 本パックサービスの利用には、「コミュファ光インターネットサービス」および「コミュファ光電話サービス」の契約が必要。また「発信者番号表示サービス」は、ナンバーディスプレイに対応した電話機等が必要になる。7月31日時点で対象の付加サービスをすべて契約している場合は、自動的に本パック適用となる。

 付加サービス工事費が1工事ごとに税込1,050円必要だが、提供開始を記念して、すでに「コミュファ光電話」を利用している場合、8月1日〜31日までの間に各種光電話付加サービスを申し込み、利用開始した場合は、付加サービス工事費を無料とするキャンペーンを実施するとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top