ニコン、フルサイズCMOSセンサやイメージセンサークリーニング機能搭載のデジタル一眼レフカメラ——実売価格33万円 | RBB TODAY

ニコン、フルサイズCMOSセンサやイメージセンサークリーニング機能搭載のデジタル一眼レフカメラ——実売価格33万円

 ニコンは1日、デジタル一眼レフ「D」シリーズの新モデルとして、1,210万画素のフルサイズCMOSセンサを搭載する「D700」を発表。7月25日に発売する。

IT・デジタル デジカメ
D700
  • D700
 ニコンは1日、デジタル一眼レフ「D」シリーズの新モデルとして、1,210万画素のフルサイズCMOSセンサを搭載する「D700」を発表。7月25日に発売する。価格はオープンで、予想実売価格はボディ単体が330,000円前後。「AF-S VR Zoom-Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G(IF)」をセットした「D700 レンズキット」は400,000円強。

 同製品は、2007年11月に発売された同社デジタル一眼レフカメラの人気モデル「D3」と同じく、画面サイズ36×23.9mmの「ニコンFX フォーマット」CMOS センサを採用。35mm フィルムの画面サイズに準じた広い撮像面積を持ち、非常に高いS/N比と広いダイナミックレンジを確保。低感度から高感度まで豊かな階調表現と高精細な描写を可能にしたという。また、D3同様の12 チャンネルによる画像信号の高速読み出しや、14 ビットA/D変換、51 のフォーカスポイントを持つ「マルチCAM3500FXオートフォーカスセンサーモジュール」を継承されている。

 D3に搭載されていない新機能として「イメージセンサークリーニング」機能を追加。ローパスフィルターを共振周波数で振動させ、付着したゴミやホコリをふるい落とせる。

 撮像感度はISO 200〜6400で、高感度ISO6400でもノイズの少ない高画質で撮影できる。ISO25600までの増感とISO100相当への減感が可能。撮像感度の自動制御もできる。

 起動時間は約0.12秒、レリーズタイムラグは約0.040秒(CIPA基準)、連続撮影は最速約5コマ/秒(最大100コマまで)。別売のバッテリーパック「MB-D10」を装着すれば、最速約8コマ/秒まで高速連続撮影できる。

 そのほかの機能として、独自の包括的デジタル画像処理コンセプト「EXPEED」、被写体や撮影シーンの状況をカメラが撮影前に認識し制御する「シーン認識システム」、画作りの選択や調整が簡単にできる「ピクチャーコントロールシステム」、白とびを抑え黒つぶれも軽減する「アクティブD-ライティング」、液晶ディスプレイで被写体を確認しながら撮影できる「ライブビュー機能」などを備える。

 視野率約95%、倍率約0.72倍の光学ファインダー、3型液晶ディスプレイ、デジタル水準器、内蔵フラッシュなどを装備。ボディにマグネシウム合金を採用。記憶メディアはCFカード。連続撮影枚数は約1,000枚。HDMI出力に対応する。本体サイズは幅147×高さ123×奥行き77mm、重さは995g。付属品はクイックチャージャー/USBケーブル/ストラップ/液晶ディスプレイカバー/ボディキャップ/アクセサリーシューカーバなど。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top