エイネット、インターネット会議システムで国立大学病院と地域医療を結ぶ情報インフラを構築 | RBB TODAY

エイネット、インターネット会議システムで国立大学病院と地域医療を結ぶ情報インフラを構築

 エイネットは26日、同社のインターネット会議システム「Fresh Voice V5」を国立大学付属病院長会議に納入したと発表した。

ブロードバンド その他
インターネット会議システム「Fresh Voice V5」
  • インターネット会議システム「Fresh Voice V5」
  •  エイネットは26日、同社のインターネット会議システム「Fresh Voice V5」を国立大学付属病院長会議に納入したと発表した。
 エイネットは26日、同社のインターネット会議システム「Fresh Voice V5」を国立大学付属病院長会議に納入したと発表した。

 Fresh Voice V5は、インターネットを利用した会議システムで、国立大学病院間だけでなく、国立大学病院が地域医療機関とも接続できるようにシステム構築がされ、「国立大学病院インターネット会議システム(University hospital Medical Internet Conference System(UMIC))」という名称で全国の医療機関同士を結ぶ共通のコミュニケーションインフラとして運用される。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top