IPA、X.Org製サーバについてセキュリティ上の注意喚起〜フォントファイルで任意コード実行 | RBB TODAY

IPA、X.Org製サーバについてセキュリティ上の注意喚起〜フォントファイルで任意コード実行

エンタープライズ その他

「X.Org Foundation 製 X サーバ」におけるセキュリティ上の弱点(脆弱性)
  • 「X.Org Foundation 製 X サーバ」におけるセキュリティ上の弱点(脆弱性)
 独立行政法人 情報処理推進機構(略称:IPA、理事長:西垣浩司)は10日、「X.Org Foundation 製 X サーバ 」におけるセキュリティ上の弱点(脆弱性)について公表した。

 Xサーバは、X Window Systemをオープンソースで実装したもの。PCF形式のフォントファイルの取扱いに問題があるため、細工されたフォントファイルを読みこんだ場合に、バッファオーバーフローにより、任意のコードが実行される。

 悪用されると、コンピュータ上でユーザの意図しないプログラムの実行やファイルの削除、ボットツールがインストールされるなど、コンピュータが悪意ある第三者によって制御される可能性がある。

 そのためIPAでは、製品開発者や各OS提供元が提供する最新バージョンにアップデートすることを呼びかけている。

 なお本脆弱性情報は、情報セキュリティ早期警戒パートナーシップに基づき、2006年10月16日にCODE blogの塩崎拓也氏からIPAが届出を受け、有限責任中間法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)が製品開発者と調整を行ない、今回公表されたとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top