ギガビットネットワークを構築できるレイヤ2スイッチ——ブラウザで各種設定/管理が可能 | RBB TODAY

ギガビットネットワークを構築できるレイヤ2スイッチ——ブラウザで各種設定/管理が可能

IT・デジタル ノートPC

SWP-0208G
  • SWP-0208G
  • 接続イメージ
 プラネックスコミュニケーションズは、ギガビット環境の構築が可能なギガビットシンプルレイヤ2スイッチ「SWP-0208G」を、5月27日に発売する。価格は34,650円。

 同製品は、1000BASE-Tポートを8ポートとMiniGBICコンボポートを2ポート搭載したレイヤ2スイッチ。大容量データや、マルチメディアデータを扱うネットワークに利用できる。

 ネットワーク上からWebブラウザ設定が可能な「WEBスマート機能」を搭載。ネットワークに接続されたPCから、ユーザーフレンドリーなWebブラウザで、VLAN、Trunkなどを設定できる。TCP/IPネットワークに接続された機器を、ネットワーク経由で監視、管理できるSNMPにも対応する。

 一度に転送するパケットを通常の1,500byteから9,500byteに増加することでヘッダ部分のデータや処理を減らし、通信効率を高めるジャンボフレーム対応。大容量のデータ転送をスムーズに行える高速通信を実現する。また、ポート毎にグループ化するポートベースVLANと、物理的な接続にとらわれずにネットワークセグメントを可能にするタグVLAN機能の両方をサポートする。

 そのほか、送受信速度のミスマッチによるパケットの破壊を防止し高い通信効率を実現するフローコントロール機能や、接続クライアント認証でセキュリティレベルを上げるIEEE802.1X認証機能を備える。

 本体サイズは幅252×高さ44×奥行き126mm、重さは1.6kg。付属品は、電源ケーブル/ゴム足/ラックマウントキットなど。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top