NTT Com、ネットによる料金案内を基本に——紙による請求書等は有料化 | RBB TODAY

NTT Com、ネットによる料金案内を基本に——紙による請求書等は有料化

 NTTコミュニケーションズは16日、第2種OCNサービス(主に個人向けサービス)において、10月請求分より、紙媒体による案内にかえて、インターネット経由で料金情報を確認できるユーザ専用サイト「マイページ」(月額使用料無料)での案内を標準とすることを発表した。

ブロードバンド その他
 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は16日、第2種OCNサービス(主に個人向けサービス)において、10月請求分より、紙媒体による案内にかえて、インターネット経由で料金情報を確認できるユーザ専用サイト「マイページ」(月額使用料無料)での案内を標準とすることを発表した。

 10月請求分以降、紙媒体による「料金請求書」および「料金口座振替のお知らせ」の発行には、実費見合いとして、1請求あたり発行手数料税込105円が必要となる。

 NTT Comでは、地球環境保護の観点から、紙の案内からインターネット料金案内を標準とすることにしたという。現在、請求書などで使用されている紙は年間約800トンに相当し、すべてのユーザがインターネット料金案内に切り替えたとしたら、年間で約2万本の森林資源保護となるとのこと。

 対象サービスは、OCN ダイヤルアクセス、OCN モバイルアクセス、OCN ADSL セット、OCN ADSL「フレッツ」、OCN 光「Bフレッツ」/「フレッツ・光プレミアム」/「フレッツ 光ネクスト」、OCN 光 with フレッツ、OCN 光(A)、CoDen 光サービス、OCNバリュープランの9種。

 インターネット料金案内は、支払方法を口座振替またはクレジットカード払いにし、マイページで請求額を確認する料金案内方法。現在、紙媒体の「料金請求書」「料金口座振替のお知らせ」を利用している場合は、「マイページ」利用登録などの変更手続きが必要だが、NTT Comでは、変更手続きを行ったユーザに、500円相当の「ポイントーク」をプレゼントするキャンペーンを実施する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top