グローバルナレッジ、シスコの認定資格CCENT・CCNA取得eラーニング教材を発売 | RBB TODAY

グローバルナレッジ、シスコの認定資格CCENT・CCNA取得eラーニング教材を発売

エンタープライズ その他

 グローバル ナレッジ ネットワークは、シスコシステムズの認定資格CCENT・CCNA取得のための、新しいeラーニング教材「CCNA自主学習教材(前編)“ICND1 CCENT認定資格対応版”」、および「CCNA自主学習教材(後編)“ICND2 対応版”」を開発、5月より順次販売開始する。

 シスコシステムズ認定資格は、TCP/IPの基礎的な知識や、シスコ社のルータやスイッチを使ったネットワークの設計、構築、トラブルシューティングの知識まで、幅広いネットワークの知識を体系的に評価する資格体系で、このシスコ認定資格の最初のステップである「CCENT」「CCNA」に対応したeラーニング教材となっている。

 CCENT(Cisco Certified Entry Network Technician)は、LAN、WAN、TCP/IPの基礎的な知識に加え、1つ以上のルータ、スイッチ、WAN接続を含む小規模ネットワーク、基本的なセキュリティ対策などの知識を備えていることを証明する資格。CCNA(Cisco Certified Network Associate)は、中規模の事業所ネットワークを実現するための知識に加え、CCENTより高度なネットワークの導入、運用、トラブルシューティングなどを行う能力を備えていることを証明する資格。最新資格ではIPv6、ルータ、スイッチへのセキュリティ機能の実装、無線LANの基本概念、VPNの基本概念などが追加されている。

 「CCNA自主学習教材(前編)“ICND1 CCENT認定資格対応版”」はICND(Interconnecting Cisco Network Devices)Part1コース準拠となっており、CCENT取得に必要なネットワーク基礎知識と、Cisco IOSのオペレーションや各種設定の基礎を学習する。

 「CCNA自主学習教材(後編)“ICND2 対応版”」はICND Part2コース準拠となっており、小〜中規模のマルチプロトコルネットワークを構築するための基本的な考え方や、シスコ社ルータ、スイッチの操作方法について学習するほか、実習を通してシスコ社ルータ、スイッチの基本的な設定方法を修得する。

 グローバルナレッジのeラーニングは、CD-ROM版またはASP版が提供され、クラスルームトレーニング(集合研修)と同様にシスコ認定トレーナーが行う講義を収録したものとなっている。これにより音声と資料画面を見ながら自分のペースに合わせて学習可能となっているのが特徴だ。そのほか、ケーススタディに基づく演習デモを繰り返し体験できる実習、確認テスト、メンタリングサービスを利用して講師へ質問可能(CD-ROM版のみ)といったサービスが用意されている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top