マイクロソフト、Office 2008 for Mac向けSP1の提供を開始 | RBB TODAY

マイクロソフト、Office 2008 for Mac向けSP1の提供を開始

 マイクロソフトは14日、Office 2008 for Mac向けService Pack 1の提供を開始した。

IT・デジタル ノートPC
Office 2008 for Mac
  • Office 2008 for Mac
 マイクロソフトは14日、Office 2008 for Mac向けService Pack 1の提供を開始した。

 改善点は以下の通り。

●Excel
・互換性の改善:Excel 2008 for MacとWindows版 Excel 2003および2007とのファイルの互換性を改善
・グラフの誤差範囲の設定:グラフの誤差範囲の設定を独自に指定するための機能を復元
・印刷:Excel 2008ワークブックを印刷する際の信頼性を改善

●Entourage
・カレンダー:Officeアラートの改善
・Exchange サーバー サポート:Exchange メッセージからの添付書類削除、サーバーとの同期化、AppleScript経由によるExchangサーバーメッセージの内容編集、および変更のサーバーへの同期を含む、同期化サポートの全体的な改善
・メール画像:サードパーティ製のツールで作成した画像の表示、送信

●Word
・表:表の精度の向上
・見出しマップ:選択されている項目について信頼性と応答性を改善
・ノートレイアウト:フォーマット機能、録音中のステータス、およびさまざまな表示オプションのアップデート

●PowerPoint
・印刷:高解像度プリンタで印刷する際にクラッシュする問題の改善。また、一部の大規模なプレゼンテーションの印刷時の、印刷速度の大幅改善
・モバイル表示:Windows Mobile搭載の携帯端末でのMac PPTXファイルの表示
・AppleScript:AppleScriptのPowerPoint Selectionオブジェクトを利用し、PowerPoint内で現在選択されている項目を操作するカスタムスクリプトを実装可能
《羽石竜示》

関連ニュース

特集

page top