iPod touchが駅情報を自動表示〜クウジット×赤松正行のコラボ「ロケーション・アンプ for 山手線」 | RBB TODAY

iPod touchが駅情報を自動表示〜クウジット×赤松正行のコラボ「ロケーション・アンプ for 山手線」

 ソネットエンタテインメント(So-net)の子会社であるクウジット(Koozyt)は12日、「PlaceEngine」を利用して山手線電車内で現在地に連動した駅情報を表示するiPhone/iPod touch用アプリケーション「ロケーション・アンプ for 山手線」を発表した。

ブロードバンド その他
『ロケーション・アンプ for 山手線
  • 『ロケーション・アンプ for 山手線
 ソネットエンタテインメント(So-net)の子会社であるクウジット(Koozyt)は12日、「PlaceEngine」を利用して山手線電車内で現在地に連動した駅情報を表示するiPhone/iPod touch用アプリケーション「ロケーション・アンプ for 山手線」を発表した。音楽や映像を中心としたメディアアーティストとして知られる、岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー(IAMAS)教授の赤松正行氏との共同開発とのこと。

 「PlaceEngine」とは、無線LAN(Wi-Fi)の電波情報を使うことで、GPSを持たない機器でも手軽に現在位置を推定し取得できる技術で、PSPの一部ゲームなどでも採用されている。このローカルDB機能(オフラインでの位置情報取得)とiPhone/iPod touch内蔵の加速度センサーを組み合わせることで、電車内においても最寄駅、発着と進行方向を認識し、自動的に駅情報を表示する。

 また、現在位置に応じて、車窓イメージを模した情報画面がスクロール表示される。iPhone/iPod touchを横に傾けると詳細画面に遷移し、最寄駅の駅構内情報を確認することも可能。さらに降りる駅を設定することで、到着手前を推定し、自動的に乗り過ごし防止用のバイブレーションやアラーム音を鳴らす機能も搭載されている。

 赤松正行氏は「クウジットとの共同作業から生まれた『ロケーション・アンプ for 山手線』は、忘れていたことを思い出させてくれる、そんなアプリケーション。電車に乗っているのだから当たり前だけど、私たちが位置を持ち、高速に移動していることが、ポケットや掌から伝わってくる。(中略)Wi-Fi信号だけで(接続することなく)瞬時に現在位置を推定してしまうPlaceEngineは、きっと皮膚感覚に近い。風を読み、空気の寒暖に触れ、大地の震えを拾うように、これは都市生活者に新しい意識を与える。」とのコメントを寄せている。

 なお「ロケーション・アンプ for 山手線」は、12日よりサンフランシスコで開催されるロケーションテクノロジーのカンファレンス「Where2.0」にデモ展示される予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top